新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

平成27年度大学院学位記授与式告辞(平成28年3月23日)

 例年になく穏やかな冬が足早に過ぎて津軽の地にも春を迎える中、本日ここ弘前大学創立50周年会館において平成27年度の大学院学位記授与式を挙行できますことは、私たち弘前大学職員にとって大きな喜びとするところであります。本日大学院を修了される皆さんに心からお祝いを申し上げます。皆さん、誠におめでとうございます。また、今日までの長きにわたって学び続けてきた皆さんの努力に満腔の敬意を表するものでもあります。しかしながら、私たちを含め全ての人にとって、学びに終わりはありません。毎年述べていることですが、卒業を意味する”graduation”は、皆さんが学位というグレードを得ることを意味しますが、もう一つ、始まりを意味する”commencement”という英語も日本語の卒業に相当します。すなわち、文字通り学問という生業を終える卒業式ではなく、これから新たな学問が始まるのが学位記授与式であり、学位を得ることは今後の学問への出発点でもあります。修士課程を修了して博士課程に進学する皆さんはもちろんのこと、職業に就く皆さんにとっても、今日が新たな学問への門出となるよう、そして皆さんが引き続き学問を追求する姿勢を忘れないで下さるよう願っています。
 我が国の基礎的財政収支の黒字化が目標となる中、高等教育予算も長期にわたって削られてきました。そんな中、弘前大学においても大学経営が大きな課題となっているのは事実です。皆さんはそのようなことに心を砕くことなく、学問を続けて来られたと信じていますが、本学大学院において高度の学問を修めた皆さんが、さらなる研鑽を積み、その成果を社会に還元する努力を継続していくことこそが、我が国における高等教育の地位と価値を高めていくことに他なりません。近く弘前大学は新制大学として70年の歴史を刻もうとしており、最初の大学院である医学研究科の設置からはもうすぐ60年になります。そのこと自体が大きな社会貢献と言ってよく、また、弘前大学は厳しい環境の中にあって、今後も高等教育機関として力強く教育研究を進めていくことに間違いありません。
 また、平成28年度から、弘前大学は学部の改組と大学院の充実からなる教育研究組織の再編を行い、これは、社会と時代の要請に応えた本学の在り方を真摯に考え、議論した結果であります。今後も大学院の充実は本学の重要課題としてなお検討を続ける必要がありますが、加えて、皆さんが弘前大学大学院修了者としての成果と誇りをもって社会で大いに活躍して下さることにより、本学の社会的役割も全うされるものと信じています。その意味でも皆さんの未来が輝かしいものであることを祈念して止みません。そしてなにより、本日弘前大学大学院を修了される261名の皆さんお一人おひとりの今後のご健勝とご多幸を心からお祈り申し上げて告辞と致します。

平成28年3月23日

弘前大学長  佐藤 敬

関連ページ

各種告辞
ページ上部へ戻る