新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

平成27年 年頭の挨拶(平成27年1月5日)

 新年あけましておめでとうございます。

 旧年中は皆さんに大変お世話になり、本学教職員の努力と学外からのさまざまなご支援により、一定の成果を挙げることができたと自認しております。大変ありがとうございました。これに甘んじることなく、本年も相変わらず、或いは昨年以上に、教育研究と社会貢献に努めていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 ご承知のように、本年4月からの新年度は第2期中期目標・中期計画期間の最後の年になります。これまでの取組を総括し、新たな期間の在り方を考えるという極めて重要な作業が進んでいます。教職員の一人ひとりがこれを自らの課題と捉え、本学の近未来を設計する作業に主体的に係っていただくようお願い致します。

 また、一昨年から進めてきた教育研究組織の再編に関しても、いよいよ成案を得る時が近づいてきたと言えると思います。そして、その具体化というさらに難しい作業が見えてきました。現在進行しつつある再編計画の趣旨を十分理解し、その具体化を積極的に進めていくべく、皆さんと共に着実に歩んでいきたいと念じています。

 昨年策定した基本計画において、弘前大学は地域活性化の中核的拠点を目指すことを明確にしました。このことは、「世界に発信し、地域と共に創造する」という本学のスローガンと矛盾するものではなく、繰り返し述べてきた通り、地域と共に創造した成果をもって、世界に発信することを目指すものです。更に言えば、真のグローバル化を目指す中で育った人材が地域で活躍することになるものと思います。COC事業の成果をはじめ、地域連携、地域貢献の体制も一層整備されてきました。

 平成27年年頭にあたって、地域活性化の中核的拠点としての本学の姿を確固たるものにすべく、皆さんと共に決意を新たにしたいと思います。

 本年もどうぞ宜しくお願い致します。

平成27年1月5日

弘前大学長 佐藤 敬

関連ページ

各種告辞
ページ上部へ戻る