新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

人事給与マネジメント改革の実施状況

適性な年齢構成の実現について

 弘前大学では、教育研究に係る専門分野・年齢構成のいずれについてもバランスの取れたものとすることを目的に、第3期中期目標・中期計画において若手教員の雇用促進を目標に掲げています。
 本学における40歳未満の若手教員の在職比率について、当初の人事計画により推計したところ、2018年度において約19%であったところ、2023年度には約17%まで落ち込む見通しとなりました。このため、学長を委員長とする「全学教員人事委員会」において今後の年齢構成の適正化を図るため、助手を除く若手教員の在職比率を20%以上とすることを目標として教員人事を進めています。

若手教員の在職比率目標および実績値

2019年度 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
当初試算値 20.4% 19.9% 19.2% 18.5% 17.2%
実績値 19.3% 20.1%

(2021年1月1日現在)

対象者
各年度末の年齢が40歳未満の者であって、助手を除く常勤教員(年俸制教員を含む)とする。
試算方法
2019~2023年度教員人事計画を基に、2018年度の現員が中途退職せず2023年度まで在職したと仮定して試算する。
なお、大学院医学研究科および医学部附属病院については、若手教員の流動性が高いため、2018年度の若手教員比率を基に試算する。

関連ページ

ページ上部へ戻る