インフォメーション

(配布中止)【日本学生支援機構奨学金 令和3年3月満期対象】返還に関する手続き書類の配布について(文京地区)

日本学生支援機構貸与型奨学金が令和3年3月に満期となる方への返還に関する手続き書類配布について、日程をお知らせしておりましたが、10月16日以降、配布を中止します。

10月15日までに受領していない方につきましては、対象学生の現住所(アパート等)へ返還の手続書類を郵送します。

なお、今後の手続方法については、弘大Moodle2「授業料・奨学金関係掲示板」に掲載しますのでご確認ください。

 

問い合わせ先

 学務部学生課経済支援担当 TEL 0172-39-3135(平日9時~17時)

令和2年度岩谷元彰弘前大学育英基金「奨学金給付事業」奨学生募集について

1. 趣旨

岩谷元彰(いわやもとあき)弘前大学育英基金は,弘前大学の前身である官立弘前高等学校を卒業後,東京大学を経て弁護士として昭和30年4月から長い間活躍された「岩谷元彰 氏」から,母校弘前大学の学生に対して,育英奨学の一助として欲しいとのご厚志を受け設立されました。もって,有用な人材の育成に寄与することを目的とします。

2. 内容

成績優秀でかつ経済的理由により修学が困難な学生に対して,一人20万円の奨学金を給付します。

【募集案内】募集案内はこちらから

【募集要項等】募集要項・申請書はこちらから

3. 募集人数

(1)学部1~2年次(医学部医学科学生は1~3年次)    7名程度
(2)学部3~4年次(医学部医学科学生は4~6年次)    7名程度
(3)大学院生(博士課程・博士後期課程学生は申請対象外) 1名程度

4. 申請受付期間

(1)配付・申請場所  学務部学生課7番窓口
(2)配付・受付期間  令和2年10月1日(木)~令和2年11月13日(金)
(3)提出期限     令和2年11月13日(金)17時 厳守
※医学科・保健学科・心理支援科学科,保健学研究科学生は所属学務グループでの手続き等になります。

5. その他

〇申請資格等の詳細については募集要項で必ず確認の上,申請してください。
〇本育英基金は「給付」ですので返還の義務はありません。
〇申請書の「必要とする具体的な理由」部分については詳細に記載してください。

6. 問い合わせ先

学務部学生課経済支援担当 TEL 0172-39-3137(平日9時~17時)

令和2年度 TOEIC受験料の支援について

弘前大学ではTOEIC受験料の一部を支援しています。

英語能力向上を目的として実施するものですので、やる気のある学生の皆さんは、奮って応募してください。

 

1.対 象 者: 弘前大学の学部学生及び大学院学生

2.支援対象

・TOEIC Listening & Reading Test 公開テスト

・TOEIC Listening & Reading Test Institutional Program (IPテスト)

3.実施期間: 令和2年6月1日 ~ 令和3年3月22日

4.支援金額

・TOEIC Listening & Reading Test 公開テストは5,700円

 (インターネット割引を利用した場合は5,100円)

・TOEIC Listening & Reading Test Institutional Program (IPテスト)は3,700円

 (IPテストオンラインを受験した場合も3,700円)

5.提出書類

①TOEIC受験料支援申請書

②受験料領収書(原本:コピー不可)

③スコアカード(コピー可) ※申請出来るのは、皆さんが試験結果を受領した後です。

④旅費・謝金等の口座振込申請書(要:通帳等の写し)

※①と④は上記よりダウンロード可能です。

※①と④は教務課教養教育担当窓口(総合教育棟1階)でも配付しています。

6.期 限

毎月20日までに提出された書類をもって申請を締め切ります。それ以降に提出された書類については、翌月の処理とします。

7.提出先

教務課教養教育担当窓口へ提出してください。医学部・医学研究科及び保健学研究科の学生及び大学院生は、各学科・研究科の学務担当へ提出してください。

8.その他

複数回の受験を奨励します。ただし、本受験料支援制度を利用しての受験については、少なくとも半年の期間を空けなければならないものとします。また、スコアカードは、英語力向上に関するデータとして活用させていただきます。

TOEIC受験料支援

担当:学務部教務課教務グループ(教養教育担当)

令和2年度 弘前大学基金「トヨペット未来の青森県応援事業」奨学生募集

令和2年度の奨学生を募集しています。

1.趣旨

本事業は,青森トヨペット株式会社からの寄附を原資として,経済的支援により更なる飛躍が期待される本学学生に対し 修学支援金を給付することで,多様な分野で活躍する有用な人材を青森県内に輩出することを目的として設立されました。

2.内容

成績優秀でかつ経済的な支援を要する青森県内出身学部学生(2年次以上)に対し,一人25万円の奨学金を給付する。

3.募集人数  4名

4.申請書類受付期間及び結果通知日等

①配付・申請場所  【学務部学生課】窓口 ※

②配付・受付期間  令和2年6月1日(月)~8月6日(木)

③提 出 期 限  令和2年8月6日(木)

④結  果  通 知 日  令和2年9月上旬(予定)

※医学部医学科・保健学科学生はそれぞれ所属学科学務グループでも配付・申請ができます。

5.問い合わせ先

学務部学生課経済支援担当 0172-39-3137(平日9時~17時)

申請資格等の詳細を募集要項で確認の上,申請してください。

募集案内はこちらから

募集要項はこちらから

【大学院生対象】令和2年度日本学生支援機構大学院奨学生在学採用について

令和2年度日本学生支援機構奨学金について,大学院奨学生の募集を以下のとおり行います。
なお,申請書類の一つである,指導教員推薦所見のデータを以下のとおり公開します。各自で提出期限に間に合うよう,指導教員に依頼してください。提出期限までに指導教員推薦所見の提出ができない場合は,指導教員推薦所見以外の申請書類を提出期限までに提出し,その際に申し出てください。

(令和2年度在学採用申請用)指導教員推薦所見データ(Excel)
※ 「指導教員氏名」及び「押印部分」はコピー・印字不可です。
※ 併用貸与希望者は,2部提出してください。

【申請書類配付期間】  令和2年3月24日(火)~4月15日(水)17時まで
【申請書類提出期間】  令和2年4月20日(月)~4月27日(月)17時まで
【配布場所及び提出先】 学務部学生課経済支援担当(総合教育棟1階)
※ 医学研究科及び保健学研究科の学生は,所属研究科の学務グループで受領及び提出してください。

 

令和2年4月8日
弘前大学学務部学生課経済支援担当

1 / 3512345...102030...最後 »