新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

【10月14日】白神自然環境研究センター 公開セミナー 「地域や来訪者と協働する白神山地の生態系モニタリング」 開催のお知らせ

このイベントは終了しました

1. 日時:2018年10月14日(日) 15時00分 〜 18時00分

2. 会場:コラボ弘大8階 八甲田ホール

3. 対象:本学教職員、学生、一般の方 ※事前申込は不要です。

4.要旨: 
豊かな自然が残されている白神山地はその一部が世界自然遺産に登録され、地球規模の環境変動のモニタリングの場としてユネスコからも重視されています。このため、生態系のモニタリング体制が築かれており、ブナ林モニタリングには地域の方々も参加しています。
白神自然環境研究センターでは、遺産管理に資することも目指してモニタリングを実施しています。こうしたモニタリングなどの一部に地域の皆さんや来訪者が参加できれば、モニタリングがより一層進むとともに、この地域の自然とその現状に理解がより深まり、しかも通常の観光では得られない充実感を得られる可能性があります。さらに、こうした取り組みをツアー化することができれば新たな観光資源となるなど、多方面への波及効果が期待できます。
日本各地では、地域の皆さんや来訪者が調査研究活動に参加する先行事例があることから、本セミナーでは、北海道中央部の大雪山国立公園においてこうした取り組みを行っている方々からその内容をご紹介いただきます。また、白神山地でのブナ林モニタリング活動についてもご報告いただきます。これらの活動実績を参考にしながら、地域の皆さんや来訪者が白神山地でのモニタリングにこれまで以上に参加・協働する意義と、実施するための方策を考えたいと思います。

5.主催:弘前大学農学生命科学部附属白神自然環境研究センター

6.お問い合わせ先: 
    弘前大学農学生命科学部附属白神自然環境研究センター 石川幸男
    電話・FAX:0172-39-3708

イベントカテゴリー 公開講座
開催日 2018年10月14日
開催場所 文京キャンパス
ページ上部へ戻る