弘前大学

大学イメージポスター

コンセプト

学ぶ街は、暮らす街でもある。

弘前大学で学ぶ。それは、弘前という街で大学生活を過ごすことでもあります。適度なサイズ感で、豊かな自然や城下町の文化がある弘前。ここに住む人々と共に地域の中で暮らすことは、学業のみならず人間性を磨くことにもつながる、という価値と魅力を端的に表現しています。

令和3年度(2021年度)

弘前の魅力を語るうえで欠かせない、「さくら」を背景に撮影しました。

令和3年度ポスター

弘前は、程よい大きさの街です。
だいたいどこでも自転車で行ける、
気軽で自由な感じがとても好きです。
今ではお気に入りのルートもあって
季節の移り変わりを楽しんだりしています。
自分のペースで過ごせる街で
僕の大学生活は、充実しています。

令和2年度(2020年度)

弘前市を象徴するりんご畑で撮影しました。

2020ポスター

弘前にいると、自然を身近に感じます。
街の真ん中からも雄大な山が見えるし、
少し郊外に行くと
りんご畑の風景にこころ踊ったりして。
癒しをもらえるこの街で、
私は悠々、学んでいます。

平成26年度(2014年度)

弘前市の歴史のある街並みや風景などを背景にした、弘前大学の新たなポスター。
「学ぶ街は、暮らす街でもある。」と題し、弘前大学生が弘前への想いを添えています。

弘前大学ポスター 石場屋

城下町の弘前は、町並みがいいです。
昔ながらのものが残っていたりして、
懐かしいというか、ほっとするというか。
私はいま、ゆったりとした気持ちに
包まれながら、この街で学んでいます。

弘前大学ポスター 吉井倉庫

弘前は、懐の深い街だと思います。
例えば和と洋、そして、伝統とモダン。
対照的な価値観が、気持ちよく同居しているんです。
そこに進取の気風を感じながら、
私はのびのびと大学生活を送っています。

弘前大学ポスター 弘前市禅林街

弘前は、歴史のある街です。
古いものもしっかりと大切に守られて、
この街らしさが受け継がれてきました。
何だか僕も、自分らしくいられる気がするから
心を落ち着けて学べるんだと思います。