新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

「ひろだい探偵団」 第7回目:本田 明弘教授 陸奥新報掲載!

 弘前大学研究・イノベーション推進機構では、令和3年5月31日から、陸奥新報紙面にて「ひろだい探偵団」の連載を開始しました。
 「ひろだい探偵団」とは、小中高生の皆さんが、毎日の暮らしの中で疑問に思う 『なして?』 を科学で解明するとともに、弘前大学のユニークな研究を紹介しております。紙面掲載後は特設サイトでも研究の内容を紹介します。

※「なして?」とは津軽弁で「なぜ?」「どうして?」という意味です。

 令和4年1月10日に掲載された第7回目では「青森にいま、風が吹いている」と題し、弘前大学地域戦略研究所 本田 明弘 教授https://www.innovation.hirosaki-u.ac.jp/tantei/professor/007/)の研究を紹介しています。

 「ひろだい探偵団」では、普段から研究等に関して疑問に思っていること、弘前大学の先生に聞いてみたいことや陸奥新報社「ひろだい探偵団」に登場した先生への質問などを大募集しております。弘前大学の先生方に聞いてみたいことのある方は、特設サイトの質問コーナーから質問をお寄せください。あなたが思う「なして?」をお待ちしております。

 次回の紙面掲載は令和4年2月7日予定。「ラドン(怪獣ではない)(仮)」のなして?を解明します。

ページ上部へ戻る