新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

平成23年度学位記授与式告辞(平成24年3月23日)

平成23年度学位記授与式告辞(平成24年3月23日)

長く厳しかった冬もようやく去り、本日この陽光まばゆい春の日に、ここ弘前市民会館において、多くのご来賓とご父兄のご臨席のもと、平成二十三年度の学位記授与式を挙行するにあたって、告辞を述べさせていただくことは私にとって、大きな喜びとするところです。
まずもって、本日、卒業の時を迎えられた皆さんに心よりお祝いを申し上げます。皆さん、卒業おめでとうございます。この場所から皆さんに言葉を述べるのは私にとって初めてのことであり、それ故に、皆さんにとって晴れがましい、この学位記授与式を、私自信も心に長く留めることになると思います。
さて、皆さんは今、弘前大学で過ごした学生生活の日々を振り返ってどのように感じているでしょうか。思いっきり勉学に励んだ人、課外活動に力を注いだ人、あるいは多少の後悔を感じている人など、それぞれかと推察します。しかし、学ぶことに終わりはありませんので、大学を卒業することになった今、ここで学問をいったんリセットする必要はなく、今後も皆さんの前には学問の世界が広がっているのです。当然のことながら、今後の学問の在り方はこれまでのものとは多少違っているかもしれませんが、物事を学ぶという意味では、本質的な違いはありません。皆さんは、これまでよりももっと長い今後の人生の中で、学問をする機会がこれまで以上に数多くあることは間違いありませんので、引き続き学問をする覚悟と、しっかりとした取組を持って、これからの社会における活動に臨んで頂きたいと願っています。
ここで告辞を述べるにあたって、既に一年以上を経過してはいるものの、昨年三月十一日に起きた東日本大震災について触れない訳にはいきません。東日本大震災と福島第一原子力発電所事故からの復興は国家的課題であると同時に、長期的展望に立った、国の基盤に関わる問題意識が国民全体に問われています。皆さんが今後いかなる道を歩もうとも、エネルギー確保の問題をはじめとして、震災がもたらした数多くの課題を避けて通るわけにはいかないと思います。皆さんの中には、ご家族やご親戚、あるいは親しい人々が震災の直接的被害に遭われた人も居られることと推察します。改めて心よりのお見舞いを申し上げます。また、昨年の三月以降、皆さんの中の多くの人たちが、教職員や市民の方々と共に被災地での支援活動やボランティア活動に従事されました。その他にも、弘前大学の多くの教職員・学生がそれぞれの立場から、大きな貢献をしてきました。このお話をする時、あるいは、自分は何もしていないと思っている人も居るかもしれません。もちろん被災地での活動は大いに称えられるべきではありますが、このような困難な時にこそ、先ずは自らの果たすべき本来の役割を十分果たすことも大切であり、学生生活における様々な活動を通して自らを育むことができたかどうかが、皆さんにとって最も重要なことです。加えて、今後のことを考える時、現在のような混沌の時代にこそ、皆さんに特に求められるのは創造性を追求する姿勢であり、皆さんが、自らの成果を世に問う大きなチャンスでもあります。しかしながら、科学技術の発達や社会システムの成熟を遂げた現代社会において、真に創造的であることは必ずしも容易ではありません。例えば、これまで世界をリードしてきた我が国の産業技術の少なくとも一部は、諸外国によって追い越されています。これから皆さんは、例え小さなことであっても、創造性を目指して挑戦する気概を持ち、社会のリーダーとして、我が国の未来に貢献していただきたいと願っています。
今後の皆さんの成長は、これまでの学生生活の成果にかかっていると言っても過言ではなく、また、そうあることを願っています。皆さんが力強く社会に貢献することをもって、弘前大学の役割が全うされるものと考えています。大学のカリキュラムを通じての勉学や、あるいは課外活動、総合文化祭などを通した学友や多くの人々との交流など、学生生活のすべては、社会における今後の皆さんの、広い意味での学問のためにこそ活かされるべきものであって、今日という日は、皆さんがそのための思いを新たにし、スタートを切る日に他なりません。今後皆さんが、社会の中で高邁な意識を持って挑戦し続け、大いに創造性を発揮して下さることを、そして、そのためには、学び続けることを忘れないよう、心からの激励を送りたいと思います。
終わりに、本日卒業される弘前大学生を今日まで支えて下さった、ご父兄の方々や弘前市民の方々をはじめ、多くの方々に私からも感謝を申し上げるとともに、卒業生の皆さんにとっては、弘前大学で学んだことが、他には代え難い良い思い出としてとどまることを願い、そしてなにより、皆さんの今後のご健康とご多幸をお祈りして、告辞といたします。

平成24年 3月23日
弘前大学長 佐藤 敬

関連ページ

各種告辞
ページ上部へ戻る