新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

平成29年度大学院入学式告辞(平成29年4月4日)

IMG_0200

 長く厳しかった冬がようやく去って、津軽の地にも待望の春を迎えることができました。そして本日、ここ弘前大学創立五十周年記念会館みちのくホールにおいて、平成二九年度の大学院入学式を挙行できますことは、私たち弘前大学教職員にとって大きな喜びとするところであります。
まずもって、平成二九年度大学院入学者の皆さんに心から歓迎の意を表し、お祝いを申し上げます。皆さん、ご入学おめでとうございます。大学あるいは大学院修士課程を修了した後、さらに学問を追究するという皆さんの決意に心からの敬意と激励を送るとともに、大学院において学問を続けることのできる幸福を、是非、忘れないで頂きたいと思います。
 ともすれば、大学院への入学は、大学入学に比べると感激の度合いは小さいかもしれません。しかしながら、これまでの皆さんの努力が大学院進学につながったことは間違いありません。また、学問が進歩し、専門的知識の蓄積と先鋭化が進むと共に、大学進学率が向上し、学部教育が一般化する中で、真の高等教育は大学院を含めたものになりつつあると言ってよいと思います。特に国立大学の役割としては、大学院の教育研究における実績は重要であり、弘前大学としては、それを継続しながら、新たな展開と充実を図っていくことが使命と考えています。若年人口の減少に伴って、学部入試においては志願者が減っていくことを覚悟しなければなりませんが、大学院に関しては、規模の拡大を図っていくことができればと願っています。その意味で、本日入学される皆さんの役割は重要であり、皆さんには、時代と社会の要請を意識しながら、一方では学問を次世代に継承する役割をしっかりと果たしていただくため、引き続き真摯に学問を追究すると共に、学部学生の目標となる先輩であって欲しいと思います。
 弘前大学は以前から、「世界に発信し、地域と共に創造する」大学であることをスローガンに定め、地域の活性化に貢献することを目指して来ました。地域貢献が大学の全てではないことは明白ですが、地域と共に創造した成果をもって、世界に発信することも大いに可能です。皆さんが自由な学問を進める中で、その成果を何らかの形で、地域に還元する努力をしていただければ幸いに思います。
 我が国の課題の一つとして、都会への若者の流出による地方社会の弱体化が大きな問題になっています。そのような地域の課題に対応することも地方大学の役割の一つであり、皆さんは地域社会にとっても頼もしい存在であることは間違いありません。弘前市は多くの学生が学ぶ学問の都、学都であり、文化と歴史の薫り高く、豊かな自然にも恵まれていて、腰を落ち着けて学問を追究するのに相応しい街であると言えます。弘前大学大学院において、皆さんの学問が大きな実を結ぶこと、そして皆さんの学生生活が充実したものになるよう、祈念して告辞と致します。

平成29年4月4日

弘前大学長  佐藤 敬

関連ページ

各種告辞
ページ上部へ戻る