新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

理工学研究科博士前期課程の学生が2014年度材料技術研究協会討論会で口頭講演奨励賞を受賞

 2014年度材料技術研究協会討論会において、小野真司さん(物質創成化学コース、大学院博士前期課程2年)の口頭発表「超臨界二酸化炭素中におけるハイブリッド界面活性剤の可溶化能力と会合特性」が優秀と認められ、口頭講演奨励賞が授与されました。

 

 詳細はこちら

 
小野真司口頭奨励賞2014材料技術

ページ上部へ戻る