新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

農学生命科学部公開講座「生き物たちの生き残るくふう」開催のお知らせ

農業のグローバル化が叫ばれる中で、「攻めの農政」の中心といわれる農産物輸出について現在どのような状態であるのかを紹介し、今後拡大する上での問題点について考えます。
また、津軽地域は世界有数のりんご地帯。今、りんごの輸出、新品種の権利確保(クラブ制)、自然栽培など、新動向を見つめます。
1.日時: 2013年10月27日(日)13:30~15:30
2.場所: 弘前大学農学生命科学部3階302講義室
3.演題・講師: 「日本産農産物・食品は世界に羽ばたけるのか?」

農学生命科学部准教授石塚哉史

「世界のりんご日本のりんご」

農学生命科学部教授神田健策

4.対象者: 一般市民(事前申込不要)
5.受講料: 無料
※受付は、当日、302講義室前にて行います。
※本講座は、「あおもり県民カレッジ」の単位認定講座です。
問い合わせ先: 弘前大学農学生命科学部地域連携推進室

総務グループ(研究協力担当) 鈴木

TEL:0172-39-3758
FAX:0172-39-3757
E-mail:renkei@hirosaki-u.ac.jp

ページ上部へ戻る