新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

佐藤学長が陸奥新報友の会で講演しました

 平成27年11月16日(月),陸奥新報社の広告主で組織する「陸奥新報友の会 講演会」に佐藤学長が講師として招かれました。
 「地域と共に-弘前大学の挑戦」と題し,「世界に発信し、地域と共に創造する」大学として,また,地域活性化の中核的拠点としての役割を担うため,「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」,「革新的イノベーション創出プログラム(COI STREAM)」,学生の就学・留学を支援する「弘前大学ゆめ応援プロジェクト」,「HIROSAKIはやぶさカレッジ」,地域の方々の「学び直し」のニーズにこたえ,正規学生の開講科目の一部を開放して学生と共学でき,サークル活動,大学行事にも参加できる「弘前大学グリーンカレッジ」,弘前市,弘前商工会議所及び地域の企業等から支援を受けグローカル人材を育成する「学都ひろさき未来基金」など,本学が取り組んでいる様々な事業を紹介しました。佐藤学長は講演の中で「このような事業で地域の活性化に貢献し,弘前大学の価値を高めていきたい。その成果を世界に発信していきたい。」と話され,出席者は佐藤学長の講演に熱心に耳を傾けていました。

IMG_1582

IMG_1579

ページ上部へ戻る