新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

【11月17日】北方圏の超高齢社会創生セミナーin弘前開催のお知らせ

テーマ「活力有る超高齢社会を創造していくための方策」

 我が国では、後期高齢者が急激に増加する 2025 年問題、国内人口が急激に減少する 2035 年問題に起きると予測されています。そこで、高齢者・障がい者が、地域社会のなかで可能な限り自立した日常生活活動(ADL)を送れるような支援により生活の質(QOL)を高めると同時に、家族と社会の負担を軽減するために、本セミナーでは活力ある超高齢社会を創造していくための方策を考えてみたいと思います。

【講 演】 『日常生活支援のための福祉・リハビリテーション工学』
~転倒防止の知識と技術・トレーニングの実際~
北海道科学大学 北の高齢社会アクティブライフ研究所 所長 田中敏明

『高齢者との傾聴を用いた対話』
弘前大学大学院保健学研究科 助教 田中真

【日 時】平成29年11月17日(金) 16:00~18:00
【場 所】弘前大学保健学研究科 第63講義室(弘前市本町66-1)
【対 象】研究者・学生・一般市民・技術者・公務員
【主 催】弘前大学保健学研究科/北海道科学大学
【後 援】青森県、弘前市、北海道科学大学同窓会青森支部

ページ上部へ戻る