新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

弘前大学大学院保健学研究科、文部科学省 斉藤看護教育専門官を講師に講演会を開催

 弘前大学大学院保健学研究科は11月29日、文部科学省高等教育局医学教育課の斉藤しのぶ看護教育専門官を講師にお迎えし、「看護学教育モデル・コア・カリキュラムと看護学教育の将来展望」をテーマに講演会を開催しました。
 講演会には、同研究科の教職員や附属病院の看護師、青森県内及び秋田県、北海道の看護系大学の教職員ら、約90名が参加しました。
 斉藤専門官は、10月に文部科学省が公表した「看護学教育モデル・コア・カリキュラム」を中心に、看護学教育の現状とモデル・コア・カリキュラムを策定した経緯、策定までの苦労話、厚生労働省からの看護師確保関連、看護師特定行為研修の情報などを話されました。モデル・コア・カリキュラムに対する意見が約4,000件寄せられ,これらを精査・検討したこと、最終的には大学における看護系人材養成の在り方に関する検討会での議論の結果を踏まえて取りまとめたことが紹介されました。
 このモデル・コア・カリキュラムは看護系大学関係者をはじめ広く国民に対して提示することを目的としており、多様なニーズに応える看護系人材を養成する教育内容で、学生が卒業時までに身に付けておくべき必須の看護実践能力について、その修得のための具体的学修目標が提示されています。各大学では3つのポリシーを明確にし、モデル・コア・カリキュラムに示した学修目標を参考として活用して欲しいことが強調されました。
 講演後には、モデル・コア・カリキュラムの改訂頻度や大学のカリキュラム改正時期についてなどの質問がありました。また、この講演会により看護学教育モデル・コア・カリキュラムをどのように運用すれば良いかの迷いがあったが、明確となったとの意見が多く挙げられました。
 今後、このカリキュラムに基づいた教育が平成31年度以降、各大学で行われることとなります。

講演会の様子
質疑応答の様子
弘前大学 弘前大学COI研究推進機構 弘前大学 研究・イノベーション推進機構 弘前大学被ばく医療連携推進機構 弘前大学 地域創生本部 弘前大学出版会 弘前大学男女共同参画推進室 弘前大学資料館 弘前大学 ボランティアセンター 弘前大学 教員免許状更新講習 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性・資源を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 キャンパスツアー 弘前大学 フォトギャラリー
弘前大学 イベントカレンダー 国立大学法人弘前大学 弘前大学基金 弘前大学教育情報 弘前大学 SNS公式アカウント一覧
ページ上部へ戻る