新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

在ジャマイカ日本国大使館の小山一等書記官が来学

11月14日(木)、在ジャマイカ日本国大使館の小山裕基一等書記官が来学し、佐藤学長を表敬訪問されたほか、主に学生を対象とした特別講演会を行っていただきました。 小山氏は弘前市出身で、現在、在ジャマイカ日本国大使館において、一等書記官として経済・経済協力および広報・文化を担当されています。 学長表敬時には、小山氏からジャマイカの保健大臣を表敬した際の話に触れ、1998年から2003年まで本学が中心となって行った「ジャマイカ南部地域保健強化プロジェクト」について深い感謝の言葉が述べられていたこと、そして、当国の保健行政に肯定的な影響をもたらしている様子であるとのこと、また、その後の首脳レベルでもこのプロジェクト等の話が取り上げられて支援に感謝されていることなどが紹介され、本学の活動を非常に評価していただきました。 その後、ジャマイカ国内における国際支援等の意見交換がなされた後で場所を移し、主に学生を対象とした「外務省の仕事」と題した講演を行っていただきました。国の外交政策や大使館の仕事等について、普段直接聞くことが出来ない話に参加者は耳を傾け、そして学生からは世界に将来を見据えた多くの質問が出されるなど有意義な講演会となりました。

017

027

035

045

ページ上部へ戻る