弘前大学

入学料・授業料免除等

高等教育の修学支援新制度の支援対象機関として認定されました

 本学は、令和元年9月20日に「高等教育の修学支援新制度の支援対象機関」として文部科学大臣より認定されました。
 「高等教育の修学支援新制度」とは、令和2年度以降、大学等における修学の支援に関する法律に基づき、学部学生を対象とした授業料・入学料の減免や、日本学生支援機構による給付型奨学金の支給が行われるものです。

 なお、本制度により、学部学生が奨学金の給付と入学料・授業料減免を受けるためには「申込資格」と「選考基準」を満たしている必要があります。
 2020年4月以降に奨学金の給付と入学料・授業料の減免申請を考えている学部学生(入学予定者を含む)は、最初に、日本学生支援機構のホームページで「申請資格」を満たしているか否かを確認してください。

【「学業等に係る基準」の確認に必要な様式】

学修計画書1(在学生で令和元年11月実施の「在学予約採用」に申込む方)
学修計画書2(新入生で令和2年4月実施予定の「在学採用」に申込む方)

注1) 上記からWord形式ファイルをダウンロードして「学修計画書」を作成してください。
注2) 本学入学前に給付奨学金「予約採用」に申込まなかった方で、本学入学後に「在学採用」に申込むという方は、「学修計画書2(新入生で令和2年4月実施の「在学採用」に申込む方)」を使用してください。なお、新入生で「予約採用候補者」の方は学修計画書の提出は不要です。
注3) A4版片面印刷の後、左上1箇所をホチキスで止めて提出してください。(クリップ使用不可)
注4) 2枚で作成してください。1枚もしくは3枚以上のものは不可です。(「記入上の留意点」のページは提出しないでください。)
注5) 手書きは不可です。なお、フォントは変更しないでください。(MSゴシック 10ポイント)

【関連する情報】

●文部科学省ホームページ (高等教育の修学支援新制度)
http://www.mext.go.jp/kyufu/

●日本学生支援機構(JASSO)ホームページ (奨学金の制度(給付型))
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/index.html

●日本学生支援機構(JASSO)ホームページ (進学資金シミュレーター)
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html
※世帯の年収等を答えることで、給付奨学金を受けることができるかを詳細に知ることができます。

●日本学生支援機構(JASSO)ホームページ (【大学生等対象】申込資格・選考基準)
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/shikaku/zaigaku.html


 なお、本制度の詳細につきましては、順次このページに掲載します。

修学支援新制度の申請手続き等に関するお問い合わせ先

担当 学務部学生課生活支援グループ
連絡先 TEL:0172-39-3117
E-MAIL:jm3117@hirosaki-u.ac.jp

「高等教育の修学支援新制度」(在学採用)への申込みについて【在学生向け説明】

※本項の説明内容は「学部学生の在学生(=令和元年度に本学学部に在学していた方)」で令和2年度からの「高等教育の修学支援新制度」の「在学採用」へ申込む予定の方を対象としたものです。

※令和2年4月に本学学部に入学する方(新入生)で「高等教育の修学支援新制度」の「在学採用」へ申込む方は、令和2年4月8日(水)に開催する説明会に出席の上、説明を受けてください。(説明会の詳細については、入学手続きを完了した方に配付される「入学者案内」を参照してください。)

【お知らせ】(2020.3.19掲載)
 令和2年3月24日(火)から「在学採用申請書類」の配付を開始します。
 「在学採用」への申込みを希望する「在学生の方」は担当まで学生証を持参の上、書類を受け取りに来てください。

 注)新入生の方については、4月8日(水)の説明会の時に「在学採用申請書類」を配付します。

概要

・「高等教育の修学支援新制度」の「在学採用」を以下の日程で実施します。
・申込みを希望される方は、最初に必ず、日本学生支援機構のホームページで「申請資格」を満たしているか否かを確認してください。
・在学生の方向けに、申込みにあたっての説明会は開催しません。書類をお渡しする時に申込み手順及び注意事項等を説明します。
・「在学採用」の申込みは、大きく分けて「webからの申込み(必要事項の入力)」と「マイナンバー関係書類の日本学生支援機構への郵送」の2つの手順が必要です。
・「高等教育の修学支援新制度」の概要については、以下のリンクを参考にしてください。

●文部科学省ホームページ (高等教育の修学支援新制度)
http://www.mext.go.jp/kyufu/
●日本学生支援機構(JASSO)ホームページ (奨学金の制度(給付型))
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/index.html
●日本学生支援機構(JASSO)ホームページ (進学資金シミュレーター)
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html
●日本学生支援機構(JASSO)ホームページ (【大学生等対象】申込資格・選考基準)
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/shikaku/zaigaku.html

日程

1.書類のダウンロード

「在学採用」に申込む方は「学修計画書」を作成し、本学に提出してください。以下のリンクから「学修計画書3」のWord形式ファイルがダウンロードできます。

・「学修計画書3」(在学生で令和2年4月実施の「在学採用」に申込む方)

注1)上記からWord形式ファイルをダウンロードして「学修計画書」を作成してください。
注2)A4版片面印刷の後、左上1箇所をホチキスで止めて提出してください。(クリップ使用不可)
注3)2枚で作成してください。1枚もしくは3枚以上のものは不可です。(「記入上の留意点」のページは提出しないでください。)
注4)手書きは不可です。なお、フォントは変更しないでください。(MSゴシック 10ポイント)

2.令和2年3月24日(火)~

日本学生支援機構の「在学採用」への申込みを希望する方は下記の担当まで学生証を持参の上、「在学採用申請書類」を受け取りに来てください。
その後、必要な書類を揃えて、下記担当へ提出してください。必要な書類を不備なく提出した方に対して、webからの必要事項入力に必要な「ID」と「パスワード」及び授業料減免を申請するために必要な「A様式1」という書類を交付します。

3. 令和2年4月1日(水)

この日から、日本学生支援機構のwebページにて「在学採用」の申込みが可能となりますので、交付された「ID」と「パスワード」を使用してログイン後、必要事項を入力してください。なお、入力は4月下旬まで可能ですが、引き続き「マイナンバー関係書類の発送」という手順がありますので、早めに入力を完了してください。

4.令和2年4月

「在学採用」の申込み(入力)完了から1週間以内に、学生本人と生計維持者(原則として父母)の「マイナンバー関係書類」を専用の封筒を用いて日本学生支援機構に発送してください。(簡易書留になりますので、ポスト投函ではなく、郵便局の窓口からの発送が必要となります。)

※「専用の封筒」は「在学採用申請書類」の中に含まれています。

5.令和2年6月11日(木)

この日が、「在学採用」に採用された方の給付奨学金の初回振込日となります。

6.令和2年6月

「在学採用」で「高等教育の修学支援新制度」に採用された方を対象に説明会(=在学採用者向けの採用後の諸手続きに関する説明会)を開催する予定です。
必ず出席してください。

7.令和2年8月3日(月)

「授業料減免結果通知書」により、令和2年度前期の授業料の減免結果をお知らせします。通知書の配付場所は下記担当となります。

【重要】「在学採用」の申込みを正しく完了された方の令和2年度前期分授業料は、この「授業料減免結果通知書」による授業料減免額の通知の日までの間、徴収が猶予されます。従いまして、この「授業料減免結果通知書」が送付されるまでは、決して授業料を払い込まないように注意してください。

担当

〒036-8560 青森県弘前市文京町1番地
弘前大学学務部学生課 生活支援グループ
電話:0172-39-3117
時間:平日9:00~17:00
※ただし、医学部医学科の在学生と医学部保健学科の在学生は、所属する学科の学務グループが担当となります。

「高等教育の修学支援新制度」(在学予約採用)に申込み済の方へ

・令和元年11月から12月にかけて実施された「在学予約採用」に申込み済の方は、令和2年4月に実施する「在学採用」に申込む必要はありません。

・「在学予約採用」に申込み済の方で、日本学生支援機構給付奨学生に採用された方を対象に、4月下旬に説明会(=在学予約採用者向けの採用後の諸手続きに関する説明会)を開催する予定ですので、必ず出席してください。

「従来の基準による授業料免除」について

 
・「学部学生の在学生(=令和元年度に本学学部に在学していた方)」を対象に、「高等教育の修学支援新制度」と並行して「従来の基準による授業料免除」も実施しています。
申請書類の配布期間と申請期間は以下のとおりです。

令和2年1月27日(月)から4月22日(水)午後5時(期限厳守)

「従来の基準による授業料免除」への申請を希望する方は、下記担当にて申請書類を受領してください。
なお、申請書類の提出先も下記担当となります。

※1 「高等教育の修学支援新制度」と「従来の基準による授業料免除」の両方を申請した学部在学生については、「より減免額の多い方」を最終的な判定区分とします。例えば、「高等教育の修学支援新制度」による判定区分が「3分の1免除(第Ⅲ区分)」で、「従来の基準による授業料免除」の判定区分が「半額免除」だった場合、その学生の最終的な判定区分は「半額免除」となります。

※2 上記※1の措置は、予算の範囲内において実施します。予算の都合によっては「高等教育の修学支援新制度」による判定区分が、そのまま最終的な判定区分となる場合もあります。

※3 「従来の基準による授業料免除」のみを申込んで「高等教育の修学支援新制度」は申し込まない、という選択はできません。「従来の基準による授業料免除」に申込む方は、必ず「高等教育の修学支援新制度」に申込んでください。(ただし、「高等教育の修学支援新制度」の申請資格を満たしていないため「高等教育の修学支援新制度」に申込めない方に限り、「従来の基準による授業料免除」のみの申込みを可能とします。)

※4 「高等教育の修学支援新制度」のみを申込んで「従来の基準による授業料免除」を申込まない、という選択は可能です。

担当

〒036-8560 青森県弘前市文京町1番地
弘前大学学務部学生課 生活支援グループ
電話:0172-39-3117
時間:平日9:00~17:00(ただし、2月21日、2月22日、3月11日、3月12日を除く)
※ただし、医学部医学科の在学生と医学部保健学科の在学生は、所属する学科の学務グループが担当となります。

学則による大学院の入学料免除・徴収猶予(延納)について(2020年度春季)

2020年4月に本学の大学院に入学する者(科目等履修生、研究生等を除く。)で、次の「1 申請資格」のいずれかに該当する場合は、本人の申請に基づき選考の上、入学料免除又は徴収猶予(延納)を許可されることがあります。

1 申請資格者

(1) 入学料免除

(ア) 経済的理由により入学料の納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる者
(イ) (ア)のほか、次のa又はbに該当する特別な事情により納付が著しく困難であると認められる者

 a 入学前1年以内において、入学する者の学資を主として負担している者(以下「学資負担者」という。)が死亡し、又は入学する者若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けた者

 b aに準ずる場合であって、学長が相当と認める理由がある者

(2) 入学料徴収猶予(延納)

(ア) 経済的理由により納付期限までに入学料の納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる者
(イ) 入学前1年以内において、入学する者の学資負担者が死亡し、又は入学する者若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け、納付期限までに納付が困難であると認められる者
(ウ) その他やむを得ない事情があると認められる者

2 申請方法

大学院学生募集要項を参照の上、返信用封筒を同封して申請書類を請求し、必要書類を添えて入学手続時に提出してください。学務部学生課からの申請書類の発送は2020年1月7日(火)からです。
なお、申請書類は弘前大学学務部学生課で直接受け取ることも可能です。
この場合も、配布開始日は2020年1月7日(火)からです。

申請には請求した書類のほかに、同一生計者の所得(課税)証明書や住民票等が必要になります。
詳細は申請書類に同封の「入学料免除等申請のてびき」を参照ください。

3 選考基準

家計基準と学力基準により選考します。

4 結果通知

入学料免除申請及び入学料徴収猶予申請の結果通知は2020年5月中旬の予定です。
下記窓口での配付(5日以内に受け取りに来てください。)となります。電話では回答できません。

注意
入学料免除・徴収猶予申請者は結果が出るまで入学料の納付が猶予されますので、結果通知があるまでは入学料を納付しないでください。納付済の場合は申請できません。結果通知前に入学料を納付した場合は、申請を辞退したとみなします。入学料の返還はできませんので、注意してください。

対象学生 担当窓口
文京町地区の研究科入学者 学務部学生課生活支援グループ
(電話:0172-39-3117)
大学院医学研究科入学者 医学研究科学務グループ
大学院保健学研究科入学者 保健学研究科学務グループ

学則による大学院の授業料免除・徴収猶予(延納又は月割分納)(2020年度前期)

2020年4月以降の大学院生(2020年4月に本学大学院に入学予定の者を含み、科目等履修生、研究生等を除く)で、次の「1 申請資格者」のいずれかに該当する場合は、本人の申請に基づき選考の上、授業料免除(全額又は半額)又は徴収猶予(延納又は月割分納)が許可されることがあります。 全額免除・半額免除は、申請者の希望ではなく、家計の状況から判断されます。

1 申請資格者

(1) 授業料免除

(ア) 経済的理由により授業料の納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる者 ただし、次に該当する者は申請資格がありません。

  • 当該期分授業料をすでに納付している者
  • 特別の理由なく同一の学年に留まっている者
  • 特別の理由なく修業年限を超えている者

(イ) 授業料の各期の納付前6か月以内(新入学者の入学した日の属する期分に係る場合は、入学前1年以内)において、学資を主として負担している者(以下「学資負担者」という。)が死亡し、又は学生若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたことにより、授業料の納付が著しく困難であると認められる者

(ウ) イに準ずる場合であって、学長が相当と認める理由がある者

(2) 授業料徴収猶予(延納)

(ア) 経済的理由により納付期限までに授業料の納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる者
(イ) 学生又は学資負担者が風水害等の災害を受け、納付期限までに納付が困難であると認められる者
(ウ) その他やむを得ない事情があると認められる者

(3) 授業料徴収猶予(月割分納)

(ア) 経済的理由により納付期限までに授業料の納付が困難であると認められる者
(イ) その他やむを得ない事情があると認められる者

2 申請方法

掲示板を確認の上、担当窓口で申請書類を受け取り、必要書類を添えて提出期限(在学生は2020年2月21日(金)【厳守】)までに提出してください。
なお、申請書類等の配布開始は2020年1月7日(火)からです。
申請には請求した書類のほかに、同一生計者の所得課税証明書や住民票等が必要になります。
詳細は申請書類に同封の「授業料免除等申請のてびき」を参照ください。

<2020年4月に本学大学院に入学する方へ>
2020年4月に本学大学院に入学し、2020年前期の授業料免除・徴収猶予を申請される方は、大学院学生募集要項を参照の上、返信用封筒を同封して申請書類を請求し、必要書類を添えて入学手続期間内に提出してください。学務部学生課からの申請書類の発送は2020年1月7日(火)からです。
なお、申請書類は弘前大学学務部学生課で直接受け取ることも可能です。
この場合も、配布開始日は2020年1月7日(火)からです。
申請には請求した書類のほかに、同一生計者の所得課税証明書や住民票等が必要になります。
詳細は申請書類に同封の「授業料免除等申請のてびき」を参照ください。

3 選考基準

家計基準と学力基準により選考します。

4 結果通知

2020年度前期 大学院 授業料徴収猶予申請結果通知:2020年4月30日(木)の予定です。
2020年度前期 大学院 授業料免除申請結果通知:2020年7月1日(水)の予定です。

正式な日程は総合教育棟学生課掲示板及び各研究科の掲示版に掲示しますので、ご確認ください。なお、結果は窓口で配付しますので、結果通知日から5日以内に受け取りに来てください。電話では回答できません。

注意
授業料免除・徴収猶予申請者は結果が出るまで授業料の納付が猶予されますので、結果通知があるまでは納付しないでください。授業料の口座振替(代行納付)の手続をしていても、口座から引き落とされることはありません。結果通知前に当該期分授業料を納付した場合は、申請を辞退したものとみなします。授業料の返還はできませんので、注意してください。
免除不許可又は半額免除許可の場合は、本学で指定する期日までに、それぞれ全額又は半額を納付する必要があります。

対象学生 担当窓口
文京町地区の研究科入学者 学務部学生課生活支援グループ
(電話:0172-39-3117)
大学院医学研究科入学者 医学研究科学務グループ
大学院保健学研究科入学者 保健学研究科学務グループ

弘前大学大学院振興基金による授業料免除(大学院生のみ)(2020年度前期)

本学大学院生等に対する修学支援を図る目的として、平成23年度に設立されました。
現在は、博士・博士後期課程の支援決定後、予算の範囲内で修士・博士前期課程及び専門職学位課程への支援を行っています。

1 申請資格者

本学研究科又は岩手大学大学院連合農学研究科(弘前大学配属)に所属する学生のうち、成績優秀な者とします。ただし、本人と配偶者の収入又は修業年限を超える在籍等により申請資格がない場合があります。

2 授業料免除(給付)内容

(1) 本学研究科学生に対しては、選考の上、学則による授業料免除結果後の納付すべき授業料を、全額又は半額免除します。

 ※「学則による授業料免除」の審査が先に行われます。その後、学則による授業料免除において半額免除または免除不許可になった者を対象に「大学院振興基金による授業料免除」の審査を行います。

(2) 岩手大学大学院連合農学研究科学生に対しては、選考の上、岩手大学授業料免除結果後の納付すべき授業料相当額を、全額又は半額給付します。
 ※審査の順番は(1)と同様です。

3 申請方法

学則による授業料免除をの申請と同時に、(1)又は(2)を提出して下さい。
なお、提出期限は学則による授業料免除と同一です。

(1) 本学研究科学生
  • 弘前大学大学院振興基金による授業料免除申請書(※)
(2) 岩手大学大学院連合農学研究科学生
  • 弘前大学大学院振興基金による給付申請書(※)
  • 世帯全員の住民票
  • 本人及び配偶者の前年分の所得証明書

(※)の書類は、2020年1月7日(火)から、以下の窓口にて配布します。

<2020年4月に本学大学院に入学する方へ>
2020年4月に本学大学院に入学し、2020年前期の「学則による授業料免除・徴収猶予」を申請される方は、返信用封筒を同封して申請書類を請求していただきますが、その際、「大学院振興基金による授業料免除/給付申請書」を、学則による授業料免除等申請書類と併せて返信用封筒により発送します。

対象学生 担当窓口
文京町地区の研究科入学者 学務部学生課生活支援グループ
(電話:0172-39-3117)
大学院医学研究科入学者 医学研究科学務グループ
大学院保健学研究科入学者 保健学研究科学務グループ

4 結果通知

大学院振興基金による授業料免除の結果は8月上旬に通知する予定です。
 ※前述のとおり、「学則による授業料免除」の審査が先に行われるため、「学則による授業料免除」の結果通知日の方が先(2020年7月1日(水))になります。

注意
※1 本学研究科学生は、振興基金による授業料免除の結果が判明する前に授業料を納付した場合、基金への申請を辞退したとみなしますので、注意してください。
※2 岩手大学大学院連合農学研究科学生は、岩手大学による授業料免除結果後、授業料を納付してください。振興基金による授業料免除の結果、全額又は半額給付が認められても、授業料を納付したことが分かる証明書(振込書の写等)を本学に提出しないと授業料相当額は給付されませんので注意してください。

関連ページ

弘前大学 イベントカレンダー 国立大学法人弘前大学 弘前大学基金 弘前大学 フォトギャラリー 弘前大学教育情報 弘前大学 SNS公式アカウント一覧
弘前大学 弘前大学COI研究推進機構 弘前大学 COCホームページ 弘前大学 研究・イノベーション推進機構 弘前大学被ばく医療連携推進機構 弘前大学 地域創生本部 弘前大学出版会 弘前大学男女共同参画推進室 弘前大学資料館 弘前大学 ボランティアセンター 弘前大学 教員免許状更新講習 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性・資源を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学 キャンパスツアー
ページ上部へ戻る