新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

ロゴマーク

ロゴマーク

弘前大学では,本学の目標・理念を表現した,本学にふさわしいロゴマークを制定するために, 平成18年3月15日から5月10日までロゴマークを公募し,全国から150点の応募がありま した。
学長,理事らによる選考の結果,青森市在住の佐々木忠彦氏制作のロゴマークが選ばれ,平成18年7月24日,新ロゴマークを制定しました。
従来から使用されている,弘前大学徽章,ロゴタイプ,スクールカラーについても今回改めて制定し,弘前大学のビジュアルアイデンティティを確立していきたいと思います。

ロゴマークのコンセプト
(制作者 青森市「 Rush co. 」 佐々木 忠彦氏)

弘前市が全国に誇れる「桜」をモチーフにし,5学部の桜の花が集結し,未来に向けひとつ大きな花を開花させるというイメージを図案化。
中央にある丸は地球をイメージしており,弘前大学の卒業生がビジネス&研究において優秀な人材として貢献し,世界を飛びまわるという工夫を加えた表現にもしております。
また,それぞれのカラーは,5学部のカラーを表現しており,(赤)医学部,(橙)教育学部,(緑)農学生命科学部,(紺)理工学部,(紫)人文社会科学部としています。
さらに,地球の周りに桜を散りばめているようなイメージは,人工衛星的なイメージにも見え「地域発信の拠点となる弘前大学」という意味もあります。
全体の色味としても現代風のカラフルな色彩にしており,フレッシュ感と躍動感,そして楽しいキャンパスライフという活気に満ちあふれたマークに仕上がっています。

1. 著作権について

本学の徽章,ロゴマーク,ロゴタイプの著作権,使用権は国立大学法人弘前大学にあります。

2. 使用範囲

本学の役員,職員,学生は,徽章,ロゴタイプ,ロゴマークを広く業務等に使用することができます。ただし,使用する際には,品位と尊厳を保持しなければなりません。

ロゴマークに関する規定等

弘前大学の徽章、ロゴマーク,ロゴタイプ,スクールカラー及び大学旗に関する規程

学外者が徽章等を使用しようとする場合には,使用許可が必要ですので,使用許可願を総務部広報・情報戦略課へ提出してください。

弘前大学 徽章・ロゴマーク・ロゴタイプ 使用許可願

弘前大学 徽章・ロゴマーク・ロゴタイプ 使用許可願
弘前大学 徽章・ロゴマーク・ロゴタイプ 使用許可願

営利,販売を目的として使用する場合には,別に審査,契約等が必要になりますので,総務部広報・情報戦略課 広報室広報グループまでご相談ください。

広報・情報戦略課課 広報室広報グループ
TEL:0172-39-3012
MAIL:jm3012@hirosaki-u.ac.jp

3. データのダウンロード

徽章・ロゴタイプ・ロゴマーク等のデータは,本学ウェブサイトからダウンロードできます。
データの形式は,JPEG,PNG です。

弘前大学 ロゴデータダウンロードページ【学内限定】

4. 弘前大学ビジュアルアイデンティティ運用マニュアル

弘前大学ビジュアルアイデンティティ運用マニュアル
この運用マニュアルでは、ロゴマーク、ロゴタイプ、徽章、スクールカラー、スローガンなどの基礎的なデザイン要素とその組み合わせパターンについてまとめています。これらを、統一的、継続的に使用していくことにより、弘前大学の教職員・学生のUI(ユニバーシティ・アイデンティティ)意識を高め、「弘前大学とはどういう大学で、何のために存在しているのか」という大学の個性や存在意義を問い直し、ブランドイメージを確立することを目的としています。
弘前大学ビジュアルアイデンティティ運用マニュアル

創立70周年の気運を高めるために平成30年5月末から6月にかけて創立70周年記念ロゴマーク総選挙を行い、大学院教育学研究科2年小杉奈央さんの作品が最優秀賞に選ばれました。
ロゴマークの色は弘前大学の5学部を、りんごや桜は弘前らしさを表しています。りんごは毎年実り、桜は毎年咲くように、弘前大学も2019年に迎える70年、これからの80年、90年、100年とずっと実り、咲き続けますように、との願いが込められています。
創立70周年記念ロゴマークは、記念事業はもとより、創立70周年の節目の年を盛り上げる様々な場面で活用していきます。
※ロゴマークの使用期間は2020年3月31日で終了いたしました。
弘前大学創立70周年記念ロゴマークに関する要項

◇表彰式の様子はこちら

◇70周年記念ロゴマークをデザインした教育学研究科2年の小杉奈央さんと指導教員である教育学部デザイン研究室の佐藤光輝准教授がパソコンの壁紙用にデザインしました。こちらからご利用ください。

関連ページ

ページ上部へ戻る