新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

平成30年度大学院入学式告辞(平成30年4月3日)

 長く厳しかった冬がようやく去って、津軽の地にも待望の春を迎え、この弘前大学キャンパスにおいても、木々の芽吹きが明らかになってきました。そして本日、ここ弘前大学創立五十周年記念会館みちのくホールにおいて、平成三〇年度の大学院入学式を挙行できますことは、私たち弘前大学職員および学生にとって一層大きな喜びとするところであります。
 先ずもって本日、入学された皆さんに心から歓迎の意と、お祝いを申し上げます。皆さん、大学院への入学、誠におめでとうございます。大学院を修了することは、いろいろな意味で皆さんの将来にとってプラスになることは間違いありませんが、なにより、引き続き学問を続ける決心をされたことに対して、心から敬意を表するものです。
大学院における学問は、まったく未知の領域に踏み込むことに意味があり、したがって、皆さんは今後の学問の中で時に困難や挫折感を味わうことがあるかと思います。しかしながら、困難を克服して、例え小さくても新たな発明、発見などに至ることは無上の喜びであり、学問の大きな魅力です。また、そのような経験の機会は誰にでも与えられるものではありません。皆さんは既に長きにわたって学問を続けて来られましたが、今、更なる学問の世界に足を踏み入れようとしていることの幸福を忘れないでいただきたいと思います。
しかしながら、あらゆる学問が高度に進歩した現代にあっては、いかなる学問も一個人、一世代で完成されるものではありません。その点にこそ、皆さんの大きな役割があります。皆さんは決して到達することのない学問の成就を目指す人類の営みにとって不可欠な存在なのです。大学院で学ぶことの、現実社会における個人的成果は間違いなく後からついてくることでしょう。どうか、弘前大学大学院において、純粋に学問に挑戦できることに大きな意義を見出してくださるよう願っています。
 加えて、今日の日を迎えることができたのは、一義的には、これまでの皆さんの努力の賜物ですが、ご家族をはじめ、多くの方々のご支援があって実現したことでもあるのも間違いありません。そのことへの感謝を忘れずに、やがては、皆さんの学問の成果をなんらかの形で社会にお返しすることを意識していただきたいと思います。
 皆さんの中には外国からの留学生も居られ、留学先として、弘前大学を選んでくださったことに心より感謝します。異国での学究生活はいろいろな面で困難を伴うかとは思いますが、弘前大学における今後の学生生活が実り多いものになり、本学大学院に留学された当面の目標をしっかりと達成されるよう願って止みません。
 終わりに、我が国の、そして世界のリーダーとして、未来を担うべき皆さんの大きな可能性に期待するとともに、弘前大学の大学院生としての今後の日々が充実したものとなるよう祈念して、入学式の告辞といたします。

平成三〇年四月三日

弘前大学長  佐藤 敬

関連ページ

各種告辞
ページ上部へ戻る