新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

令和2年度大学院学位記授与式告辞(令和3年3月23日)

学長告辞

 新型コロナウイルス感染症の再拡大と、数年に一度の寒波襲来による厳しかった冬も終わりを告げ、この津軽の地も待望の春を迎えようとしています。そんな中、本日、ここ弘前市民会館において、令和2年度大学院学位記授与式を挙行するにあたり、教職員を代表して告辞を述べさせていただきます。まずは、大学院を修了し、本日、学位を取得される皆さんに、心よりお祝いを申し上げます。誠に、おめでとうございます。
 新型コロナウイルス感染症を巡る現在の状況から、感染のリスクを回避するため、学位記授与式の出席者は修了生と教職員のみとし、また時間を短縮するなど簡素化していますが、皆さんに対する私たちの祝意の大きさが変わることはありません。ご家族、そしてご来賓の方々と一緒にお祝いできないことは誠に残念ですが、この会場と関係者の方々とはインターネットによる映像の同時配信を通じて繋がっています。これまで皆さんを支えて来られたご家族の皆様、学生の指導にあたりました先生方にも、心よりお祝いと感謝を申し上げます。そして、関係者の皆様方にも、修了生の旅立ちを心から祝福いただきますよう、お願い申し上げます。
 「世界に発信し、地域と共に創造する弘前大学」というスローガンに謳われているように、本学の研究者の視線は常に世界を見据えています。皆さんの研究で得られた多くの成果もまた世界に発信され、高い評価が得られたことに、皆さん自信も満足感と達成感を味わっていることと思います。修士課程を修了して博士課程に進学する皆さんには、研究者としての知的好奇心と探究心を持ち続け、人類が直面する課題を解決するための研究テーマに、今後も積極果敢に挑戦することを期待しています。また、修士課程あるいは博士課程を修了し、企業等に就職される皆さん、大学院で学んだ高度な基礎科学、応用科学、自然科学、人文科学あるいは社会科学の考え方は、決して大学院での研究に限定されるものではなく、これから皆さんが歩み出す実社会の中でこそ活かされなければなりません。何らかの形で地域社会や国際社会に還元することが、皆さんの使命であるという自覚を強く持ち、新たなスタートを切っていただきたいと願います。
 本日、修了される皆さんの中には海外からの留学生もおられます。異国の地、そしてコロナ禍の下での大学生活は、大変な困難を伴ったことでしょう。諦めずに大学院を修了され、学位を取得されましたことに敬意を表するとともに、心から皆さんの努力を称えたいと思います。そして今後、皆さんの母国と我が国、なにより弘前大学との間の懸け橋であり続けていただけたなら、本学にとってこんな幸いなことはありません。弘前大学で学ばれた経験を力に、次のステージで活躍されることを、心から願っています。
 晴れて、本日、修了の日を迎えられたのは、皆さん自身の努力の賜であることは間違いありませんが、ご家族や指導教官はもとより、多くの方々、特に地域の方々から、コロナ後の社会の担い手となる皆さんへの期待とともに、たくさんの温かい支援があったことを心にとどめていただきたいと思います。残念ながら、皆さんの多くはここ弘前の地を離れます。ときには、無我夢中で研究に没頭した大学院時代を懐かしみ、そして、なんらかの機会に、学び・暮らした街、弘前の地を訪れ、母校である弘前大学にも立ち寄っていただければ幸いに思います。
 終わりに、本日、修士あるいは博士の学位を取得された288名の皆さんお一人おひとりの、今後のご健勝とご多幸を心からお祈りして、告辞と致します。

令和3年3月23日

弘前大学長  福田 眞作

関連ページ

各種告辞
ページ上部へ戻る