新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

令和2年度学位記授与式告辞(令和3年3月23日)

学長告辞

 数年に一度の寒波襲来による厳しかった冬も終わりを告げ、ようやくここ津軽の地にも待望の春が訪れようとしています。そんな中、本日、ここ弘前市民会館において、令和2年度の学位記授与式を挙行するにあたって、教職員を代表して、卒業生の皆さんに、お祝いを申し上げたいと思います。ご卒業、誠におめでとうございます。
 新型コロナウイルス感染症を巡る現在の状況から、感染のリスクを回避するため、学位記授与式の出席者を卒業生と教職員のみとするなど、簡素化して執り行いますが、皆さんに対する私たちの祝意の大きさが変わることはありません。この会場と関係者の方々とはインターネットによる映像の同時配信を通じて繋がっています。これまで皆さんを支えて来られたご家族の皆様、学生の指導にあたりました先生方にも、心よりお祝いと感謝を申し上げます。そして、関係者の皆様方にも、卒業生の旅立ちを祝福いただきますよう、お願い申し上げます。
 新型コロナウイルス感染症というこれまで人類が経験したことのない世界規模の危機は、本学の教育研究、社会貢献、そして皆さんの学生生活に、多大なる混乱をもたらしました。皆さんの最終学年でもあったこの一年間を振り返るとき、不満がありながらも本学が決めた感染対策に協力してくれたこと、そして何より、学ぶことを諦めずに授業や研究を継続し、無事に卒業の日を迎えてくれたこと、このことに心からの感謝の気持ちと敬意を表します。ありがとうございました、そして皆さん、本当に良く頑張りました!私自身もまた、新任の学長として、皆さんと一緒に戦ったコロナ禍の2020年度を、そして今日の初めての卒業式を、大切に記憶に留めておきたいと思います。
 さて、皆さんの弘前大学での学び、そして「暮らす街」でもあった弘前市での暮らしはいかがでしたでしょうか?弘前市は、長い歴史と伝統、そして高い文化の薫りを備えた学園都市であったと思います。四季折々に催されるイベント、とくにお祭りは、きっと皆さんの日常に彩りと豊かさを与えてくれたに違いありません。また、授業はもちろんのこと、大学で知り合った友人・先輩・後輩との交流、皆さんの成長をサポートし見守ってくれた教職員とのやりとり、課外活動、(オンライン)海外留学、そしてアルバイトやボランティア活動の中で知り合った地域住民との触れ合いなど、地方都市にある弘前大学ならではの学びや暮らしが、充実したものであったならと強く願っています。申し上げるまでもなく、皆さんの学びや挑戦はまだまだ続き、これからが本番、実戦ともいえます。そのことをしっかりと意識して、これからも学び続ける、挑戦し続ける決意をこの機会に新たにして欲しいと思います。
 今回のコロナ禍において、皆さんの生活を案じた本学のOB・OG、教職員、そして地域の皆さんから、ご寄附や食の支援、たとえばお米・もち麦、おにぎり、りんごジュース、自治体の地元産品など、たくさんの温かい支援がありました。多くの方々の善意に、皆さんも励まされたことと思います。社会人としてあるいは研究者として新たなスタートを切る今、このことをしっかりと胸に刻んでください。皆さんの保護者に限らず、たくさんの支えがあって皆さんの今があり、そのことに対する感謝の気持ちをしっかり持つことが、皆さんの「前に進む力」となるからです。そして、皆さん自身もまた、今回の経験を大事にして、「困っている誰かに、優しく手を差し伸べられる社会人」へ成長していくことを切に願っています。
 残念ながら、卒業生のうちおよそ7割の皆さんは、活躍の場を県外に求めて、ここ青森県から旅立ちます。皆さんの弘前で過ごした期間は様々ですが、縁があってこの弘前大学で学んだことや、仲間と弘前市で暮らした年月が、生涯にわたって皆さんの大切な思い出となることを願ってやみません。そしていつの日か、再び弘前の地を訪れ、母校である弘前大学に立ち寄っていただければ幸いに思います。
 結びに、本日、弘前大学を卒業される1,287名の皆さんお一人おひとりが、健康で幸せな、そして希望に満ちた未来を築かれることを心より祈念して、お祝いの言葉と致します。本日は、誠におめでとうございます。

令和3年3月23日

弘前大学長  福田 眞作

関連ページ

各種告辞
ページ上部へ戻る