弘前大学 農学生命科学部附属 白神自然環境研究センター 白神山地で学び世界を見つめる

【3月19日】公開シンポジウム「白神・青森の大地から見えてくる温暖化の将来」開催のご案内

環境研究総合推進費【 2-2006 】一般公開シンポジウム
「白神・青森の大地から見えてくる温暖化の将来」
~ 研究の最前線からの報告 ~

国立環境研究所地球環境研究センターおよび弘前大学農学生命科学部附属白神自然環境研究センター共催で,令和3年3月19日(金)に標記シンポジウムをオンライン開催します。
森林がCO2の大きな吸収源であることは広く知られていますが,気候変動が進んだ将来でも吸収源でありつづけるかどうかについては分かっていないことも多くあります。今回は森林のCO2収支と気候変動への応答を対象とした研究の中で,青森・白神を舞台とした最新の結果などを紹介します。
参加費無料ですので,興味のある皆さまのご参加をお待ちしております。

■日 時 令和3年3月19日(金) 14:00~16:30
※Zoomミーティングによるオンライン開催です。
■申 込 電子メールで事前登録をお願いします。参加費無料、定員100名です。
タイトルを「公開シンポ参加希望」とし、本文に参加者氏名と居住地(市町村)を記載の上、下記宛にE-mailでお申し込みください。
宛先: 2021sympo-nies-hu@nies.go.jp (推進費2-2006課題公開シンポジウム事務局)
■共 催 国立環境研究所地球環境研究センター・弘前大学農学生命科学部附属白神自然環境研究センター
■後 援 青森県地球温暖化防止活動推進センター・白神山地ビジターセンター
■プログラム
14:00 開会挨拶 石川 幸男(弘前大学)
14:10 趣旨・研究概要説明 高橋 善幸(国立環境研究所)
14:20「温暖化の現状と白神の観測でわかったこと」 石田 祐宣(弘前大学)
14:45「温室効果ガスの観測からわかる炭素循環」
~温暖化で白神の土から出るCO2が増える!?~ 寺本 宗正(鳥取大学)
15:05「放射性炭素からわかる炭素循環」
~炭素の時計で考える 大気と土壌の繋がり~ 安藤 麻里子(原子力研究開発機構)
15:20「遺伝解析からわかる炭素循環」
~遺伝子から見えてくる 目には見えない土壌の変化~
近藤 俊明(国際農林水産業研究センター)
15:35「気候変動はリンゴ園の炭素の出入りに
どのように影響するのか」 伊藤 大雄(弘前大学)
16:00 総合討論・質問など
16:20 閉会挨拶 梁 乃申(国立環境研究所)
16:30 閉会

詳しくはこちら symposium_20210319 (1)

白神自然観察園は冬季閉園中です。

白神自然観察園は県道の冬季閉鎖に伴い閉園中です。
2021年度の開園は5月を予定しております。詳細が決まりましたらまた掲示いたします。ご利用いただきまして有難うございました。

「ふるさとの植物 保全育成事業」を木造高校と行っています。

白神自然環境研究センターは,新潟大学教育学部,市民グループ津軽植物の会などとの合同チームで,2017年につがる市で希少な水生植物「ガシャモク(ヒルムシロ科)」を発見しました。「ガシャモク」は,現在,つがる市以外では北九州市のみでしか自生が確認されておらず,日本国内からの絶滅が危惧されています。

つがる市での本種発見以降の研究により,この自生地において国内新産雑種「ツガルモク」が発見されるなど,水草の多様性が非常に高いことが明らかになりました。

(これまでの研究内容についてはこちらをご参照ください⇒https://academist-cf.com/journal/?p=12577

しかし,この沼は閉鎖系の水域であるため,今後様々な要因で生育地環境に変化が生じた場合,「ガシャモク」の生育に大きな影響を与える可能性があります。

当センターでは,青森県産の希少植物の育成および生育地保全の活動を通して,地域の自然環境の大切さを認識するとともに,豊かな自然環境を地元ベースで次世代へと引き継いでいく地盤を形成することを目的に「ふるさとの植物 保全育成事業」を行っています。この一環として2020年春からこの生育地近くの青森県立木造高等学校と「ガシャモク」の生育地外保全活動(ガシャ活)に取り組んできました。

また、2020年11月17日に,この約半年間の活動に関する報告会を木造高校で開催するとともに,当活動にご理解を頂きご支援を頂きました株式会社ラビプレ三浦和英社長のご出席のもと寄附贈呈式を行いました。来年も活動を継続してくれる2年生6名は,制作したポスターを利用しながらこれまでの活動内容を丁寧に発表し,最後に「地域の宝を小中学生に伝える活動を今後行いたい。」と抱負を述べました。その後,野外で越冬のためにガシャモクの殖芽や種子を鉢に植え替える作業を行いました。

活動に参加した皆さんが来年の春に,無事ガシャモクが芽吹くことをとても楽しみにしていた様子が印象的でした。

写真や新聞記事は農学生命科学部のページをご覧ください。

⇒http://nature.cc.hirosaki-u.ac.jp/tell/11000

福田学長が白神自然観察園及び白神自然観察園田代分室を視察しました

令和2年4月に学長に着任された福田眞作学長をはじめ,吉澤理事,渡邊理事,郡理事,石川理事の5名の本学役員が,農学生命科学部附属白神自然環境研究センターの白神自然観察園及びその田代分室を視察しました。詳しくは↓をご覧ください。

20201027【白神センター】学長等視察報告

日本新産となる水草の雑種「ツガルモク」を発見-希少種ガシャモクと近縁種エゾヒルムシロの雑種-

青森県つがる市の池から日本国内初記録となる水草Potamogeton ×angustifoliusが発見され,「ツガルモク」と名づけられました。国内の自生地が2ヶ所のみで確認されている希少種ガシャモクと,近縁種であるエゾヒルムシロの雑種です。2017年につがる市で発見された,ガシャモクが生育する池で発見されました。「ツガルモク」という和名は,発見地である津軽地方と親種であるガシャモクに由来しています。この水草は海外にも分布していますが,国内ではこの池が現在のところ唯一の自生地です。
この成果は,北海道大学総合博物館の首藤光太郎助教(発見時新潟大学教育学部研究員),福島県いわき市在住の植物研究家である薄葉満氏,弘前大学農学生命科学部附属白神自然環境研究センターの山岸洋貴助教,および新潟大学教育学部の志賀隆准教授らによる共同調査によって明らかになりました。論文は,2020年3月17日に日本植物分類学会が出版する英文雑誌 Acta Phytotaxonomica et Geobotanica誌にオンライン掲載されました。この池からのガシャモクの発見(2017年),この池が国内屈指の水草の多様性・希少性を示すことの発見(2018年)に続く研究成果となります。

【本研究成果のポイント】
 日本新産となる水草Potamogeton ×angustifoliusを青森県つがる市の池で発見しました。
 2017年に発見された希少種「ガシャモク」と近縁種「エゾヒルムシロ」の雑種です。
 発見地と片親であるガシャモクに因み,「ツガルモク」という和名を名付けました。
 この池が今の所国内唯一の産地です。
 これまでに発見されたガシャモクや多様な水草とともに,保全していく必要があります。

1 / 1312345...10...最後 »
ページ上部へ戻る