新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

太宰治生誕前日祭を開催

6月18日(火),弘前ペンクラブ・あおもり県民カレッジ主催(共催:弘前大学)による「太宰治生誕前日祭」が行われました。
作家太宰治は,本学の前身校の一つである旧制弘前高等学校の卒業生であり,6月19日の太宰の誕生日を前日に控えた今日,弘前市内をはじめとする多くの太宰ファンが参加しました。
はじめに,旧制官立弘前高等学校外国人教師館の隣にある「太宰治文学碑」の前で,弘前ペンクラブの齋藤三千政会長による挨拶に続き,誕生日を祝って献花が行われた後,太宰治まなびの家の片山良子館長による小説『津軽』の一部が朗読されました。
次に,「弘前大学資料館」等に移動した後,資料館で展示している資料等について,本学の長谷川成一図書館長が解説を行いました。
そして,ジェームス・ウェスタホーベン前教育学部教授による~小説「津軽」英訳のことなど~と題した文化講演会が行われ,参加者たちは興味深い話に耳を傾けていました。
その後,市内にある「太宰治まなびの家」を見学し,弘前では初めて開催された「太宰治生誕前日祭」は終了しました。

01

02

03

04

ページ上部へ戻る