新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

弘前大学ボランティアセンター「平成29年度市民ボランティア講座&ワークショップ」を開催

 平成29年6月23日(金),弘前大学ボランティアセンターは,より多くの弘前市民や学生にボランティア活動の実状やその重要性を幅広く理解してもらい,ボランティア活動へ積極的に参加してもらうことを目的として,「平成29年度市民ボランティア講座&ワークショップ」を開催しました。
 同講座では,講演に先立ち,弘前大学ボランティアセンター副センター長の李 永俊教授から開講の挨拶があり,続いて藤女子大学人間生活学部人間生活学科 准教授 船木 幸弘氏から「ボランティア・マネジメント基礎編」と題した講義及びワークショップが行われました。
 講師からは,過去のボランティア組織についての研究をベースに,ボランティアとは何か・ボランティアがなぜ必要なのか・成功するボランティア組織とはどのようなものかなどについて講演いただき,合間に受講者それぞれの立場から見たボランティア(ボランティア参加者)などについてワークショップが行われました。学生,本学教職員,市民ボランティアの方々など14名が参加し,それぞれの立場からボランティアに対する考え方について,ワークショップを通じて活発な議論が行われました。
 特に,ボランティアを含む活動組織の在り方に関して,有給スタッフと無償ボランティアの関係性や,規律の必要性についてなど,ボランティア関係者の興味を引く話題が提供され,ワークショップや質疑応答では時間に収まらない程の活発な議論・意見交換が行われ,大変有意義な講座となりました。

開講の挨拶をする李副センター長
講演する船木幸弘氏
会場全体の様子
ページ上部へ戻る