新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

【5月18日】理工学部「地震災害軽減に関するシンポジウム」開催のお知らせ ~日本海中部地震から35年,十勝沖地震から50年~

このイベントは終了しました

今年は1983年の日本海中部地震から35年,
1968年の十勝沖地震から50年目の節目にあたります。
災害軽減のために,過去を振り返り,最近の知見を皆様と共有する機会を設けました。
是非ご参加ください。

【日時】2018年5月18日(金) 18:00~20:00

【場所】弘前大学理工学部1号館5階 第10講義室

【講演内容】
  1.あれから35年-変わったこと,変わってないこと
   (弘前大学理工学部地球環境防災学科 教授 小菅 正裕)

  2.台湾の地震に学ぶ
   (弘前大学理工学部地球環境防災学科 准教授 上原子 晶久)

  3.津波発生研究と即時予測技術の最前線
   (弘前大学理工学部地球環境防災学科 准教授 前田 拓人)

  4.次の地震にどうそなえるか
   (弘前大学理工学部地球環境防災学科 教授 片岡 俊一)

【対象】どなたでも無料で参加できます
    ※事前申込は不要です。

【問合せ先】
    弘前大学理工学部地球環境防災学科 片岡 俊一
    TEL:0172-39-3616 E-Mail:kataoka[at]rosaki-u.ac.jp
   (メールアドレスの[at]は @ に変えてお送りください。)

イベントカテゴリー 講演会等
開催日 2018年05月18日
開催場所 文京キャンパス
参加費 無料
ページ上部へ戻る