弘前大学

【10月6日~11月11日】2018年度弘前大学北日本考古学研究センター企画展 『津軽に稲作がやってきた!本州北限の水稲農耕文化』のお知らせ

1.主旨
「環境変動」という言葉も今ではすっかり定着し,歴史を紐解くと,北日本は環境激変によって,他の地域より大きな影響を受けてきました。しかし過去の人々は,新しい農作物の導入や資源の開発・物流拠点の形成という生業的・文化的適応を行うことで,その変化を乗り切ってきました。彼らの知恵を研究し,活用することは,これから突入する環境激変期に適応する大きなカギとなります。北日本には世界的に環境激変期の生態系を知るうえで貴重な考古学的フィールドおよび戦略上不可欠な農作物遺伝資源の研究蓄積・環境分析・材質分析技術があります。
平成28年度より弘前市清水森西・砂沢遺跡、鶴田町廻堰大溜池(1)遺跡の発掘調査により弥生・古墳時代の良好な資料群を得られたのを契機に、その調査成果を速報するとともに、北日本における水稲農耕文化への過程をこの地域の考古資料を用いて展示します。本企画展は、これまで非公開だった貴重な資料をふくめ、現在までに得ている成果を一般に公開するとともに、出土したイネの形態・DNA分析といった最新の成果を公表いたします。

2.開催期間 2018年10月6日(土)~11月11日(日)
10:00~16:00 ※期間中無休 ※入場無料

3.主催 弘前大学人文社会科学部北日本考古学研究センター  
 共催 弘前市教育委員会
 協力 青森県埋蔵文化財調査センター・青森県立郷土館・平川市教育委員会・大館市教育委員会・大鰐町教育委員会・田舎館村教育委員会・六ヶ所村教育委員会・大阪府立弥生文化博物館

4. 会場
 弘前大学人文社会科学部北日本考古学研究センター展示室
 〒036-8560 青森県弘前市大字文京町1番地 弘前大学文京町キャンパス 総合教育棟2階
                      

問い合わせ先 弘前大学人文社会科学部 北日本考古学研究センター-
       電話:0172-39-3190
       メール:kamijo@hirosaki-u.ac.jp

◇国公立大学2018「進学のすすめ」:朝日新聞掲載記事で
 学生が弥生時代の水田の調査についてコメントしています。
 https://www.hirosaki-u.ac.jp/35880.html

開催日 2018年10月06日
開催場所 文京キャンパス
参加費 入場無料
弘前大学 弘前大学COI研究推進機構 弘前大学 COCホームページ 弘前大学 研究・イノベーション推進機構 弘前大学 放射線安全総合支援センター 弘前大学出版会 弘前大学男女共同参画推進室 弘前大学資料館 弘前大学 ボランティアセンター 弘前大学 教員免許状更新講習 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性・資源を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学教育情報 弘前大学 総合情報処理センター
弘前大学 イベントカレンダー 国立大学法人弘前大学 弘前大学基金 弘前大学 キャンパスツアー 国立大学法人弘前大学 弘前大学基金 弘前大学創立70周年記念事業 弘前大学 寄附金についてのご案内
ページ上部へ戻る