新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

弘前大学ボランティアセンターが野田村クリスマス会を実施

 弘前大学ボランティアセンターでは,平成30年12月22日(土)に岩手県九戸郡野田村で野田村支援交流活動の一環として,野田村クリスマス会を実施しました。
 本学ボランティアセンターでは,平成23年3月11日に発生した東日本大震災によって甚大な被害を受けた岩手県九戸郡野田村へ,震災直後から人的支援を開始し,毎年継続的な支援をおこなってきました。近年では,災害復興支援から交流活動に方針を移し,茶話会の開催や盆踊り祭りの実施補助など,村民の方々の暮らしとニーズに寄り添った活動を行っており,当該活動の一環として,野田村城内地区児童クラブ利用児童を対象に,『野田村クリスマス会』を平成25年から継続実施しています。
 今年度も,野田村総合センターにてクリスマス会を実施し,教員1名と5名の弘前大学学生ボランティア,24名の野田村内の児童が参加しました。
 クリスマス会では,風船やフラフープを使ったオリジナルゲームやプラ版ステンドグラスの作成などを行い,学生・児童が一緒になって遊び,交流を深めました。
 当センターでは,交流活動を中心とした継続的な支援によって,大災害を風化させることなく,次世代へ継承することが重要であると考えており,今後も野田村への支援交流活動を続けていく予定です。

◇ボランティアセンターHP:http://huvc.net/

オリエンテーションの様子
プラ版ステンドグラスを作る子ども達
ひっくり返しゲームで遊ぶ子ども達
帰りの会の様子
ページ上部へ戻る