新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

トルクメニスタン農科大学と47校目の大学間交流協定締結

 本学とトルクメニスタン農科大学との大学間交流協定の調印式が,平成31年3月28日に行われました。トルクメニスタン農科大学は,農業分野の専門家を養成する国内唯一の高等教育機関(国立大学)で,国内の農業開発・発展に大きく寄与しています。

 トルクメニスタン農科大学は,1930年に農業研究所として設立され,1998年に現名称に改称されました。農業工学部,再生工学部,綿花育成学部,穀物学部,畜産学部,農産物加工学部の6つの学部,16学科を有し,作物栽培,農芸化学と土壌管理,植物防疫,果樹栽培と野菜栽培,獣医,畜産,機械化農業,果樹野菜加工技術,肉製品・乳製品技術,植物油生産技術,農業会計・監査,農業経済,農業における情報システム,技師・教師養成等,農学について幅広い専攻課程を擁します。

 トルクメニスタンは農産物に恵まれた国でりんごの生産も行っており,トルクメニスタン農科大学では,弘前のりんごを自国で栽培することに強い関心を持っていることから,本学農学生命科学部がこれまで行ってきたウズベキスタンやブータンとのりんご栽培に関する技術協力の経験を活かした交流が期待されます。また,農薬や化学肥料に頼らないオーガニック・エコ農業,CO2削減等での技術協力にも期待が持たれます。なお,トルクメニスタン農科大学は本学への学生派遣を強く希望しており,人材育成の面における協力にも期待が持たれています。

◇弘前大学国際連携本部ホームページ内記事はこちら

調印式の様子1

調印式の様子2

トルクメニスタン農科大学の写真

ページ上部へ戻る