新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

弘前大学ボランティアセンターが令和元年台風19号による被害に対する支援活動を実施

 令和元年10月12日から10月13日にかけて日本列島を縦断した台風19号によって,広範囲にわたり甚大な被害があったことを受け,弘前大学ボランティアセンターでは,弘前市の協力を得て,「チームオール弘前」として令和元年11月2日(土)に被災地の一つである岩手県九戸郡野田村にて,災害ボランティア活動を行いました。
 本学ボランティアセンターは平成23年3月11日に発生した東日本大震災を契機に設立されたこともあり,東日本大震災や平成28年台風10号,平成30年北海道胆振東部地震などの支援で培った災害ボランティアのノウハウを活かして本活動を実施しました。当該活動は,10月20日(日)に1回目となる活動を同じく野田村で実施し,今回の活動で2回目となります。当日は,引率教員として当センター副センター長の人文社会科学部 李 永俊 教授が参加し,本学学生14名,一般市民14名の合計29名が参加しました。
 災害ボランティア活動は野田村社会福祉協議会ボランティアセンターの受入のもと,9:00~15:30に前回と同様,野田村の玉川地区にて実施され,土砂崩れによって民家を覆ってしまった土砂や瓦礫の撤去作業を行いました。
 台風19号は大きな勢力を維持したまま関東へ直撃したため,関東や南東北が大きく報道され,北東北の被害状況があまり取り上げられることはありませんでしたが,報道による被害状況についての情報に加え,実際に足を運び,現地の声を聞き,地域のニーズを正確に捉えることは非常に重要であり,本センターでは今回の支援活動で得た現地の情報について,報告会などを開催し弘前市民へフィードバックする予定です。また,10月16日(水)から開始した台風19号災害支援金募金活動についても継続実施いたします。

◆弘前大学ボランティアセンター:http://huvc.net/

野田村内民家での災害ボランティア活動

野田村内民家での災害ボランティア活動

野田村内民家での災害ボランティア活動

野田村内民家での災害ボランティア活動

野田村内民家での災害ボランティア活動

ボランティア全員での集合写真

ボランティア全員での集合写真

ページ上部へ戻る