新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

令和元年度弘前大学学術特別賞授与式及び受賞者講演会を開催

 弘前大学では,令和元年12月24日に令和元年度弘前大学学術特別賞授与式を弘前大学創立50周年記念会館会議室にて執り行いました。
 弘前大学学術特別賞は,独創的かつ完成度の高い数編の論文を対象とする「弘前大学学術特別賞(遠藤賞)」と,独創的かつ著者の将来性を伺わせるに足る論文を対象とした「弘前大学若手優秀論文賞」で構成。弘前大学の研究水準の向上に著しい貢献をした論文を顕彰することにより,研究水準の一層の向上を図ることを目的として平成23年度に創設されました。
 今年度は,学術特別賞(遠藤賞)として,保健学研究科 柏倉 幾郎 教授及び理工学研究科 高橋 龍一 助教の2名,若手優秀論文賞として,教育学部 岩井 草介 准教授,保健学研究科 吉野 浩教 助教及び理工学研究科 峯田 才寛 助教の3名の受賞があり,佐藤学長から表彰状と副賞を贈呈後,立派な実績を上げていただいたとの謝辞とともに,今後ますますの研究の発展を期待する旨挨拶がありました。
 続いて,各受賞者よりスピーチがあり,学術特別賞(遠藤賞)を受賞した保健学研究科 柏倉 幾郎 教授からは,被ばく医療に力を注いでくださった本賞創設者の遠藤前学長を始めとする様々な支援や多様な研究者の協力に対する謝辞とともに,これまで発信した多くの学術成果を今後に向けて活かしていく旨の挨拶があった。また,理工学研究科 高橋助教からは,研究環境に対する謝辞があり,今後も大学での教育・研究に頑張って携わって行きたいと抱負が述べられた。授与式には役員等多数の出席者があり,盛大な式典となりました。
 授与式終了後には,弘前大学創立50周年記念会館岩木ホールで,受賞者の記念講演会を開催。受賞者5名から,それぞれ受賞論文に関する研究内容について講演が行われました。講演後,受賞者へ花束が贈呈され,会場からは大きな拍手が送られました。
 今回の講演会には,多くの学生・教職員の参加があり,本学において高い評価を得られた論文や本学の看板となる優秀な研究成果に触れる貴重な機会となりました。

◇弘前大学研究・イノベーション推進機構HP内の記事はこちら


挨拶する佐藤学長

表彰状を授与される柏倉教授

受賞挨拶をする高橋助教

講演する岩井准教授

花束を贈呈される吉野助教

講演する峯田助教


佐藤学長と受賞者ら

受賞者(右から柏倉教授,高橋助教,岩井准教授,吉野助教,峯田助教)

ページ上部へ戻る