新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

平成28年度 日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)を実施

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)主催による
日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)を実施

 本学北日本新エネルギー研究所では,平成28年11月6日(日)から平成28年11月13日(日)の日程で「日本・アジア青少年サイエンス交流事業さくらサイエンスプラン」を通じ,中国,タイ,インドネシアから優秀な大学院生及び大学生の受入を実施しました。
 さくらサイエンスプランとは,アジア地域と日本の科学技術の発展に貢献することを目的とし,優秀なアジア地域の青少年を日本へ招へいし,未来を担うアジア地域と日本の青少年が科学技術の分野で様々な交流を実施するというもので,国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)は採択された交流計画に対して招へい者の渡航費や滞在費などを支援しています。
 本学からは,北日本新エネルギー研究所所属の官国清教授が平成28年度第2回のさくらサイエンスプランの公募に申請した結果,採択となり,本研究所の部局間協定校である中国・太原理工大学及びタイ・タマサート大学,またかねてより官教授と国際協同研究を行っているインドネシアのバンドン工科大学から優れた学生8名を本学に招き,最先端の再生可能エネルギー研究活動の見学,本研究所所属教員による特別講義,日本の研究者,学生と研究交流などを実施しました。その他,8名の学生たちは,本研究所の位置する青森市のリンゴ園やねぶたの家ワ・ラッセ,三内丸山遺跡を訪問するなど青森県に特有の文化の体験なども行いました。
 詳細については,北日本新エネルギー研究所ホームページをご覧ください。


北日本新エネルギー研究所見学

地熱に関する特別講義
於-北日本新エネルギー研究所

弘前大学到着

学長表敬訪問
ページ上部へ戻る