新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

文部科学省 戸谷事務次官が視察 弘前大学の産学官民連携研究拠点 「健康未来イノベーションセンター」

 平成30年5月2日(水)、文部科学省の戸谷一夫事務次官が、この3月に新設された弘前大学の産学官民連携研究拠点「健康未来イノベーションセンター」を視察しました。
 戸谷次官は、弘前大学の佐藤学長、若林副学長(COI※担当)、中路特任教授らから、同センターが目指す「健康長寿研究総合拠点」の意義について説明を受けたほか、最新の研究機器や企業・地域住民が集うスペースなどを見学しました。
 同センターは、平成28年度に弘前大学、青森県、弘前市が文部科学省「地域科学技術実証拠点整備事業」に採択されて新設したもので、この3月に完成し、5月22日に開所式が開催されました。
 同大医学部を中心とした研究者や弘前大学COI拠点参画企業、青森県、弘前市、地域住民らが同センターに集い、産学官民連携で健康長寿の総合研究を通じて、地方創生を目指します。
※COI:センター・オブ・イノベーション・プログラム

【写真1枚目】「健康未来イノベーションセンター」を背に、文部科学省 戸谷事務次官、西條産学連携・地域支援課長、科学技術振興機構 白木澤理事、野口イノベーション拠点推進本部長、弘前大学 佐藤学長、渡邊総務担当理事、若林副学長(COI担当)、中路特任教授、村下教授

【写真2枚目】唾液検査について説明を受ける戸谷事務次官

ページ上部へ戻る