弘前大学

【プレスリリース】りんご園で繁殖するフクロウが、害獣ハタネズミの個体数を 抑制していることが科学的に検証されました(農学生命科学部)

 弘前大学農学生命科学研究科の東信行教授と岩手大学大学院 連合農学研究科のムラノ千恵 博士学生らの研究グループは、農業者団体下湯口ふくろうの会と協働し、りんご園に巣箱を設置してフクロウの繁殖を誘致しています。
 フクロウが営巣したりんご園で、害獣であるハタネズミの生息密度を計測した結果、フクロウの営巣が周辺のネズミ密度を有意に減少させていることが検証されました。
 
 本研究の成果が、2018年11 月13 日(英国日時)に、British Ecological Society発行のJournal of Applied Ecology に掲載されました。

◇詳細はこちら

弘前大学 弘前大学COI研究推進機構 弘前大学 COCホームページ 弘前大学 研究・イノベーション推進機構 弘前大学 地域創生本部 弘前大学 放射線安全総合支援センター 弘前大学出版会 弘前大学男女共同参画推進室 弘前大学資料館 弘前大学 ボランティアセンター 弘前大学 教員免許状更新講習 弘前大学 アグリ・ライフ・グリーン分野における地域の特性・資源を活かしたイノベーション創出・人材育成事業 弘前大学教育情報
弘前大学 イベントカレンダー 国立大学法人弘前大学 弘前大学基金 弘前大学 フォトギャラリー 弘前大学 キャンパスツアー
ページ上部へ戻る