新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

【プレスリリース】保健学研究科 野坂講師ら研究グループ  「輸液監視装置」の特許権取得(総務省 戦略的情報通信研究開発推進事業研究)

 医療現場では多くの治療において輸液が使用されていますが、その一方で輸液を繰り返すことによって血管から輸液が漏出し、皮膚が壊死をおこすといったインシデントがしばしば発生しています。
  輸液の血管外漏出を早期に発見して患者様の皮膚障害発生を防ぐため、光学生体センシング技術の応用化によって非侵襲的に血管外漏出サインを検知し、看護師が遠隔モニタリング可能な医療用ICTデバイスを開発、特許権を取得しました。(弘前大学大学院保健学研究科 野坂大喜講師ら研究グループ)

◇詳しくはこちら

ページ上部へ戻る