新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

マツダ財団研究助成「青少年健全育成関係」部門に採択されました

本学生涯学習教育研究センターの深作 拓郎 講師の研究課題「大学生を対象とした子育ち・子育て支援への参加プログラムの開発」が、第29回(2013年度)マツダ財団研究助成「青少年健全育成関係」部門に採択されました。

2013年10月25日、同財団の魚谷滋己事務局長から深作講師へ贈呈書が交付されました。同研究は、本学を中心とした5人による共同研究で行われ、期間は2014年4月から1年間です。育児支援を軸にした社会参加プログラムを作成・実施し、育児意識や地域愛着についての学習効果を検証します。

013

ページ上部へ戻る