新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

ひろさき産学官連携フォーラム 令和元年度定時総会・基調講演会を開催

 ひろさき産学官連携フォーラムでは、今年度の定時総会および基調講演会、パネルディスカッションを開催いたしました。
 総会終了後の基調講演会では、交通や観光にICTを活用した事例の一つである「MaaS」(Mobility as a Service)の社会実装に資する提言をまとめられている,株式会社MaaS Tech Japan代表取締役社長 日高洋祐 様を講師にお招きしご講演いただきました。

 また、今年度は弘前大学・北原啓司教授をモデレータとしたパネルディスカッションを実施いたしました。当日は日高社長と共に、弘前市都市整備部地域交通課の羽賀課長代理、弘前市観光部の小笠原理事、弘南バス株式会社乗合部の加藤次長、弘前大学の山科URAに参加していただき、「技術を活用した観光・交通政策の未来」をテーマに活発な意見交換を行いました。

 皆様には多数のご参加をいただき、誠にありがとうございました。

【内 容】 
 (1)定時総会(14:00~14:40)
      
 (2)パネルディスカッション第1部(15:00~15:45)
    「技術を活用した観光・交通政策の未来」
     ・弘前市、交通事業者、弘前大学の取組

 (3)基調講演会(15:50~16:35)
    演題:「ICTを活用した交通と観光の最適化~MaaSの話題を中心に」
    講師:株式会社MaaS Tech Japan 代表取締役社長 日高 洋祐 氏

 (4)パネルディスカッション第2部(16:35~17:10)
    「技術を活用した観光・交通政策の未来」
     ・今後の展望

◇令和元年7月9日(火)陸奥新報に掲載されました。
 弘前大学研究・イノベーション推進機構ホームページ内記事からご覧いただけます。

会場の様子

壇上の様子

ページ上部へ戻る