新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

【プレスリリース】転移に重要ながん細胞の形態変化に関わる因子を発見(農学生命科学部)

【本件のポイント】
・がん細胞の転移に重要な役割を担う細胞形態の変化である上皮間葉転換(Epithelial Mesenchymal Transition, EMT)において低分子量Gタンパク質の1つであるRhoEの発現が増加した。
・RhoEの発現を抑制した結果、子宮頸がん由来細胞のEMTならびに細胞移動能が顕著に亢進した。
・RhoEは、RhoEと同じ低分子量Gタンパク質に属するRhoAの働きを抑えることにより、EMTを抑制することを明らかにした。

 以上のことから、RhoEは子宮頸がん細胞のEMTを抑制する機能を有することが強く示唆された。

【本件の概要】
 現在、がんは日本人の死亡原因の第1位であり、約30%を占めています。早期診断ならびに治療法の進歩により、がんが原発巣に限局する時の治癒率は高くなってきたものの、がん細胞の他臓器への転移は完治への大きな妨げとなっています。そのため、がん制圧のためには、がん細胞の転移を如何に抑制するか、が非常に重要な課題です。がん細胞の原発巣からの転移には、上皮間葉転換(Epithelial Mesenchymal Transition, EMT)と呼ばれる細胞の形態ならびに性質の変化が重要な役割を担うことは知られていますが、その分子機構については十分に解明されているとはいえないのが現状です。
 弘前大学農学生命科学部の西塚誠准教授の研究グループは、低分子量Gタンパク質であるRhoEが子宮頸がん細胞の上皮間葉転換を抑制する機能を有すること、さらに、その機能メカニズムの一端を明らかにしました。今回の成果により、子宮頸がん細胞の転移の分子メカニズムの理解が進むとともに悪性度の新規バイオマーカーや新しいがん治療薬の開発につながることが期待されます。
 本研究成果は2019年9月22日に国際科学誌「International Journal of Molecular Sciences」に掲載されました。

◇プレスリリース資料はこちら

プレスリリース内図1

ページ上部へ戻る