新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

「大和家 手造りおにぎり」無料提供スタート!

 令和2年7月21日(火)、弘前大学生協「Cerisier(サリジェ)」にて、学生を対象におにぎりの無料提供が始まりました。
 
 この取り組みは「大和家」の工藤とし会長から、昨今の報道で学生が苦しんでいる状況を見て、ぜひ支援したいというお申し出をいただき、実現しました。「大和家」は大正12年創業の日本料理店(平成26年に店舗営業は終了)。昭和46年から販売されている「手造りおにぎり」は弘前市民に愛される、ロングセラーのおにぎりです。

 提供期間は令和2年7月21日(火)から9月30日(水)まで(土日祝日を除く)。お昼の11時15分から弘前大学生協「Cerisier」店内で毎日50個提供し、無くなり次第終了となります。おにぎりは「ます」「おかか」「こんぶ」「ツナマヨ」「杏うめ」の5種類。

 初日となった7月21日は工藤会長が来訪しました。工藤会長は、「学生は目的をもって入学している。健康でないと続かない。健康を作るためにはごはんが一番」と語り、学生と言葉を交わしながらおにぎりを提供しました。

 学生からは「無料でおにぎりが食べられるのは助かる」「いろんな味の種類があって楽しみ」など、喜びの声が聞かれました。

■おにぎり提供の詳細についてはこちら


工藤会長

大和家「手造りおにぎり」

学生と言葉を交わす工藤会長

順番を待つ学生ら
ページ上部へ戻る