新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

弘前大学大学院医学研究科に共同研究講座 「プレシジョンヘルスケア学講座」を開設

国立大学法人弘前大学(学長:福田眞作)と、大正製薬株式会社(代表取締役社長:上原 茂)は、2021年4月1日付で、共同研究講座『プレシジョンヘルスケア学講座(英語表記:Department of precision health care)』を開設し、4月27日に弘前大学において開設式を執り行いました。

講座開設の背景

 日本は、「人生100年時代」を迎え、全ての国民が元気に活躍し続ける社会、安心して暮らすことができる社会を創造していくことが求められています。また、近年国民の生活スタイルも多様化し、健康に対する意識も高まったことにより、生活者が「自分の健康は、自分のために、自分で守る」という考え方が広まって、個々人に寄り添った健康ソリューションを提供するニーズが高まってきています。このような時代のニーズに応えるために、弘前大学と大正製薬株式会社は、互いに連携することになりました。

 弘前大学COIでは、2005年から実施してきた「岩木健康増進プロジェクト」の超多項目健康ビッグデータをベースに予防医療に焦点を当てた研究を進めております。また、大正製薬株式会社では、健康と美を願う生活者に納得していただける優れた医薬品・健康関連商品、情報及びサービスを、社会から支持される方法で創造・提供することにより、社会へ貢献することを目指し、生活者個々に寄り添ったソリューションを提供するために、超多項目健康ビッグデータを活用して研究開発を進めて参ります。

講座の概要

本講座では、弘前大学が実施してきた「岩木健康増進プロジェクト」の超多項目健康ビッグデータを活用し、生活者個々の体質や状態に寄り添ったソリューションに関する研究・社会実装を通じて、青森県民の健康寿命の延伸・QOLの向上に貢献するとともに、健康と美を願う生活者のより豊かな暮らしの実現に貢献することを目的としています。

【講座名】
 プレシジョンヘルスケア学講座

【メンバー構成】
 中路 重之 (特任教授:弘前大学大学院医学研究科附属健康未来イノベーションセンター)
 村下 公一 (教 授:弘前大学大学院医学研究科附属健康未来イノベーションセンター)
 伊東 健  (教 授:弘前大学大学院医学研究科附属健康未来イノベーションセンター)
 玉田 嘉紀 (教 授:弘前大学大学院医学研究科)
 三上 達也 (准教授:弘前大学大学院医学研究科)
 髙橋 健三 (大正製薬株式会社 セルフメディケーション研究開発本部長)
 西奥 義憲 (大正製薬株式会社 セルフメディケーション研究推進室・グループマネージャー)
 藤原 健太 (大正製薬株式会社 セルフメディケーション研究推進室)
 木瀬 和芳 (大正製薬株式会社 セルフメディケーション臨床開発部)
 水谷 瑠美子 (大正製薬株式会社 セルフメディケーション臨床開発部)

【契約期間】
 2021年4月1日 〜 2024年3月31 日(予定)

【設置場所】
 弘前大学大学院医学研究科(青森県弘前市在府町5)

■COI研究推進機構ホームページはこちら
 https://coi.hirosaki-u.ac.jp/2021/04/post-9417/

ページ上部へ戻る