新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

2014年度弘前大学シニアサマーカレッジを実施

 2014年度弘前大学シニアサマーカレッジが、9月7日(日)から9月10日(水)までの4日間にわたり実施されました。本カレッジは、平成18年度から連続して開講しており、今年度で第9回目となります。

 今年度は、「津軽ふるさと学紀行-弘大最前線-」をテーマに、世界自然遺産の白神山地や日本一の桜と謳われる弘前公園をフィールドとして、弘前や津軽の歴史、文学、風土と本学が持つ学術的情報や設備等をミックスさせた講義を中心に、2つのコースを開催しました。

 初日には、開講に先立つ入学式において主催者側から佐藤学長及び共同主催の公益社団法人弘前観光コンベンション協会の三上 千春 常務理事の挨拶の後、後援側である弘前市の高木 伸剛 観光振興部長から御挨拶をいただきました。

 また、同日は講義の後にウェルカムパーティーを行い、佐藤学長をはじめ本カレッジ講師の方々、スタッフらと受講生が親睦を深めました。

 本カレッジには、2コース合わせて青森県以外から延べ12名、県内から同24名の計36名の受講生が集まり、青森県の自然や歴史、文化に触れ、心身をリフレッシュしていました。

 本学では、来年度もシニアサマーカレッジを開講する予定です。

ab05a09e46afa8068892b0f0c78c05fe

07d9aba5f36bde9a5e4b44b828e534a2

1b50239415c41960d7a1894df3f8cdbf

c5268b3934ae01b431ae27b61db88656

ページ上部へ戻る