新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

「地(知)の拠点整備事業に関する説明会」を開催

 9月29日(月)、教職員を対象とした「地(知)の拠点整備事業に関する説明会」を弘前大学創立50周年記念会館みちのくホール及び医学部基礎大講堂で開催し、約150名の教職員が出席しました。

 この説明会は、平成26年度「地(知)の拠点整備事業」(COC事業)に本学が採択されたことから、事業内容等を理解し、今後の事業運営に役立てていただくことを目的として開催されました。

 説明会では、吉澤企画担当理事から事業全体に関する説明、伊藤教育担当理事から教育に関する説明があり、教養教育等に関する活発な意見交換が行われました。

 なお、「地(知)の拠点整備事業」とは、大学等が自治体を中心に地域社会と連携し、全学的に地域を志向した教育・研究・社会貢献を進める大学等を支援することで、課題解決に資する様々な人材や情報・技術が集まる、地域の中核的存在としての大学の機能強化を図るため、文部科学省が平成25年度より実施している事業であり、平成26年度は、各大学等から237件の申請があり、25件が採択されました。

DSC_9188

DSC_9229

IMG_0672

IMG_0704

ページ上部へ戻る