新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

(独)放射線医学総合研究所と緊急被ばく医療に関する協力協定を締結(平成20年10月2日)

 本学は,青森県内に立地する原子力施設での万一の事故に備え,緊急被ばく医療体制の整備に取り組んでいるが,10月2日(木)教育活動の充実や,我が国の緊急被ばく医療の発展,継承に貢献するため「緊急被ばく医療に関する協力協定」を独立行政法人 放射線医学総合研究所と締結しました。

 3月には,放射線医学総合研究所で看護師,保健師,医師,作業療法士ら弘大大学院保健学研究科の教員の被ばく医療セミナーを実施し,既に被ばく医療人材育成教育,研究に関する取り組みを開始しています。

 協力内容は(1)職員,研究員,学生,研究生等の交流に関すること(2)研究資料,刊行物および研究情報の交換等に関すること(3)施設および設備の共同利用に関すること(4)被ばく患者の治療に関すること―の4項目。

 本学は,緊急被ばく医療分野における相互の教育,研究協力をより強力に推進し,緊急被ばく医療の可能な高度救命救急センターの早期開設を目指しています。

(独)放射線医学総合研究所と緊急被ばく医療に関する協力協定を締結(平成20年10月2日)
遠藤学長(左)と米倉放医研理事長

独立行政法人 放射線医学総合研究所と国立大学法人 弘前大学間の被ばく医療に関する協定書

関連ページ

地方自治体等との連携
ページ上部へ戻る