新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

平成28年度弘前大学起業家塾(第3回目)を開催しました

 平成28年7月14日(木),弘前大学総合教育棟2階大会議室において,「弘前大学起業家塾第3回目」を開催しました。
 本起業家塾では,レンタルラボ等のインフラを活用し,学生や研究者を対象に,実際の起業家等による講演及びワークショップを中心とした起業家育成プログラムを実施することで,起業への意識醸成を図り,起業(VB)の促進,研究シーズ等を活用した起業家の育成及びイノベーションの創出を目指します。今年度は,第1回目から第3回目までは講演及びワークショップ形式での開催となっており,ワークショップでは参加者がグループを組んで演習を行ってまいります。
 今回の講演は,株式会社 ウェザーコック 専務取締役 山本 一枝 講師を招き「産学官連携を活用した、レジリエンスを高める経営」と題し,「使い果たし方ベンチャー」にならないためのコツ,産学連携を通じ,異分野を知ること,困難に直面した際に自分がするべき仕事をこなし前に進む事に集中する重要性などを解説していただきました。
 また,ワークショップでは日本政策金融公庫 松重 有祐 講師を招き「資金調達の方法と資金計画の考え方」と題し,資金計画の作成方法,事業計画の作成,ラーメン店の開業を仮想とした資金計画,収支計画を完成させるワークショップを行っていただきました。
 当日は学生,教員,企業関係者など41名が受講し,講演中及び講演後も塾生から講師に多数の質問が寄せられるなど,熱心な意見交換が行われました。

写真1写真2

ページ上部へ戻る