新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

株式会社日本政策金融公庫との連携協定を締結

 本学は平成28年7月21日(木)に弘前商工会議所において,相互の密接な連携協力により,研究,創業,事業再生,海外展開,農商工連携等に関する知見など,両者が有するネットワークを活用し情報交換を行い,地域社会の活性化を推進し,地方創生に貢献することを目的として,株式会社日本政策金融公庫との連携協定を締結しました。
 調印にあたって,市川聖司 青森支店長から,「研究・教育・産学連携で地域の発展に大きく貢献している弘前大学と連携の体制が取れたことを大変心強く思う。今後,企業ニーズを掘り起こし,産学官金の連携による有機的活性化により,イノベーションの創出及び地域活性化に貢献していきたい。」と挨拶がありました。
 引き続き,佐藤敬 弘前大学長から,「全国規模の情報やノウハウを有している株式会社日本政策金融公庫と連携協定を結べたことは,地方創生,地域活性化の取り組みにとって大きな力になると考えている。」と挨拶がありました。
 また,来賓として出席いただいた永澤弘夫 弘前商工会議所 会頭から,「青森県において弘前大学は頭脳であり心臓である。日本政策金融公庫などの金融機関は血液であり,商工会議所は身体の組織である。お互いに協力できることは,何の障害もなく協力できることが本当の連携であり,少子高齢化・過疎化という地域の課題に一丸となって取り組める素晴らしい協定である。」との祝辞がありました。
 締結式には,株式会社日本政策金融公庫から,長尾能邦 弘前支店長,中村貴修 八戸支店長,朝広純一 青森支店 国民生活事業統轄,今野公司 青森支店 農林水産事業統轄が,弘前大学からは,大河原隆 社会連携担当理事,今井正浩 人文社会科学部長,亀谷禎清 研究推進部長,小山宏 社会連携部長が同席しました。

国立大学法人弘前大学と株式会社日本政策金融公庫との連携協力に関する協定書

学長&青森支店長

全員記念写真

ページ上部へ戻る