新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

【プレスリリース】弘前大学の共同研究「だぶる黒茶」 ペットボトル飲料で新発売

 黒にんにくの製造技術を活用したごぼうの新しい加工食品である「黒ごぼう」をブレンドしたペットボトル飲料「だぶる黒茶」を新発売します。弘前大学ではこれまでに「黒ごぼう」の健康機能性研究を進めてきており、抗酸化機能や糖の吸収を穏やかにする機能が期待できることを明らかにしてきました。今回はより手軽に美味しく摂取できる加工食品について地元企業と共に研究し、ペットボトル飲料を新発売となりました。
 「黒ごぼう」の健康機能性評価や新製品開発について、国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)の支援のもと、弘前大学と(有)柏崎青果、(地独)青森県産業技術センターで進めてきました。このたび弘前市が主体として運営する、ひろさき産学官連携フォーラム 青い森の食材研究会の協力を受け、盛田株式会社(名古屋市)、丸大堀内株式会社(青森市)と共に、よりおいしく、手軽に摂取できる製品開発を目指し共同研究をおこないました。その結果、「黒ごぼう」のうま味を生かしたペットボトル飲料「だぶる黒茶」が完成しました。

商品発表を行う関係者

詳細はこちら(PDF)をご覧ください。

ページ上部へ戻る