新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

コンケン大学招へい教員第2回特別講義を開催

 6月18日(月)17:40~19:00、2018年度コンケン大学教員交流プログラムによりコンケン大学人文社会科学部から来学されている、ウィラット・ウォンピヌンワタナ先生の第2回特別講義を開催しました。

 この特別講義は、6月11日、18日、25日の全3回、タイ語・タイ文化についてそれぞれ異なるテーマで行われています。
 第2回講義は、日本人にとって覚えやすいタイ語や、日本語とタイ語の違いについての講義が行われ、参加した学生及び教職員は、まるで日本語のように聞こえるタイ語やその意味の違いについてを楽しく学びながら、タイ語・タイ文化に触れていました。
 次回、第3回特別講義はタイ語・タイ文化についての最終講義です。事前申込不要、誰でも参加可能で、すべての講義が独立したテーマで行われますので、これまでの講義に参加していなくても安心して参加できます。

 また、6月21日(木)には、ウィラット先生の学術講演会を開催予定、講演テーマは「Cross Cultural Communication」です。こちらも事前申込不要、誰でも参加可能です。みなさまぜひお越しください。

 皆様のご参加をお待ちしております!!

◇コンケン大学招へい教員特別講義詳細はこちら
◇コンケン大学招へい教員学術講演会詳細はこちら

ページ上部へ戻る