新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

寄附講座「むつ下北地域医療学講座」に関する協定を締結(医学研究科)

 4月2日(火),医学研究科と一部事務組合下北医療センターは,一部事務組合下北医療センターの寄附により医学研究科に設置する「むつ下北地域医療学講座」に関する協定を締結しました。
 この協定は,青森県,特にむつ下北地域での重要な疾患に関する研究の推進及び実践を通じて,地域医療の充実と住民の健康増進を図ることにより,地域住民がライフステージに応じて健やかで心豊かに生活できる地域社会の実現に寄与することを目的とするものです。
 協定式では,若林 孝一医学研究科長及び一部事務組合下北医療センター管理者である宮下 宗一郎氏が署名し,協定を取り交わしました。

日 時:平成31年4月2日(火)13:00~
場 所:弘前大学医学研究科大会議室
出席者:
 ○一部事務組合下北医療センター
   宮 下 宗一郎 氏(管理者)
   橋 爪   正 氏(むつ総合病院長)
   山 本 伸 一 氏(事業本部事務局長)
   徳 田 暁 子 氏(むつ総合病院事務局長)
 ○青森県
   有 賀 玲 子 氏(健康福祉部長)
 ○弘前大学医学研究科
   若 林 孝 一 氏(研究科長)
   福 田 眞 作 氏(消化器血液内科学講座教授,むつ下北地域医療学講座教授)
   大 門   眞 氏(内分泌代謝内科学講座教授)
   石 橋 恭 之 氏(整形外科学講座教授)
   富 田 泰 史 氏(循環器腎臓内科学講座教授)

協定締結書を持っての記念撮影。若林研究科長と宮下市長

講座の木札を持っての記念撮影。若林研究科長と宮下市長

参加者の集合写真

ページ上部へ戻る