新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

【プレスリリース】ホヤを驚かせると息が止まる仕組みを解明 ―Journal of Experimental Biology(英国実験生物学雑誌)に発表―(農学生命科学部)

【本件のポイント】

  • 我々ヒトの気管や腎臓の中にも無数に生えている微小な“運動性の毛”(「繊毛」という)の動きがピタッと止まる仕組みを,ホヤを用いて解明しました。
  • ホヤの鰓(えら)に無数にある「繊毛細胞」では,ヒトの脳や免疫系で非常に重要な役割をもつ「α7型アセチルコリン受容体」が,神経からの指令を受け取り,繊毛の動きをピタッと止める作用をもつことが分かりました。
  • 本学農学生命科学部の西野敦雄准教授と本学卒業生の城倉圭博士が中心となり,新たに編み出したホヤの鰓を使った実験手法により得た発見で,この成果は3月27日にJournal of Experimental Biology誌(英国実験生物学雑誌)に発表されました。

■プレスリリース資料はこちら

図1

図2

ページ上部へ戻る