新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

藤崎町と包括連携協定を締結(平成27年6月12日)

 本学は,平成27年6月12日(金)に相互の密接な連携と協力により,地域の課題に迅速かつ適切に対応し,活力ある個性豊かな地域社会の形成と発展に寄与することを目的として,藤崎町との包括的な協定を締結しました。
 調印にあたって,平田藤崎町長から,弘前大学農学生命科学部附属生物共生教育研究センター藤崎農場が昭和38年に開設され,長年にわたり農業をはじめ医療,教育などの分野で本学と関わってきた歴史を述べられ,協定締結を機に,学術・研究など,より広範な分野で連携することにより,町の活性化に向けての指導,尽力を期待したいとの挨拶がありました。引き続き,佐藤弘前大学長から「最近,地方の国立大学に対して地域の活性化や地域創生に貢献するよう期待が集まっている。以前より本学は,藤崎農場を藤崎町に設置し,学生教育及び研究において大きな機能を藤崎町から支えてもらっており,協定締結を機に,教育・研究などについて,更なる本学と藤崎町との共同作業が発展するよう期待したい。」との挨拶がありました。
 調印式には,藤崎町から野呂町議会議長,相馬町議会副議長,武田教育長,五十嵐総務課長,能登谷企画財政課長,幸田農政課長,工藤地方創生推進室長,兵藤学務課長,小杉生涯学習課長が,弘前大学からは吉澤理事(企画担当),大河原理事(社会連携担当),堀内学長特別補佐,戸塚教育学部長,佐々木農学生命科学部長,小山副理事,小田桐社会連携課長が同席しました。

弘前大学 藤崎町 包括的連携協定締結

国立大学法人弘前大学と藤崎町との連携に関する協定書

関連ページ

地方自治体等との連携
ページ上部へ戻る