新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応について

みちのく銀行との連携に関する協定を締結(平成19年6月25日)

 本学はみちのく銀行と,地域経済活性化,研究成果等に関する情報交換,地域企業の研究開発ニーズ等の紹介,大学発ベンチャー企業等に関し,それぞれが保有する研究シーズや企業ニーズに関する情報,ノウハウ等を用いて相互に連携協力し,地域経済の活性化と社会の発展に貢献することを目的として,連携協力協定を締結しました。

 調印にあたって,遠藤弘前大学長から,地域に密着した大学として産学官金の強い連携が求められているが,豊富な資金力,膨大な情報料とネットワーク,そして全国・地方での経済に対する分析力と洞察力を持つ金融機関の先導を得て,弘前大学の持つ知的財産を十分に活用していきたいとの挨拶があり,引き続き杉本みちのく銀行代表取締役頭取から,社会的に求められている役割として,青森県内の大半を占める中小企業の持つ様々な課題を,弘前大学との連携協力により解決するため,弘前大学の研究を活かし積極的に企業ニーズを発掘していきたい,との挨拶がありました。

みちのく銀行との連携に関する協定を締結(平成19年6月25日)
固く握手を交わす遠藤学長(右)と杉本みちのく銀行代表取締役頭取

連携協力協定書

関連ページ

地方自治体等との連携
ページ上部へ戻る